Webコンテンツを引き立てるflashのパーツ開発を強力に支援します。

flashを活用すれば、ビジネスチャンスが各段にアップ! 

Ruby

flashをWebサイトに上手に活用すれば、ビジネスチャンスが各段にアップ! 

flashを駆使したWebコンテンツは、ヴィジュアル面でのアピール度が非常に高く、
挿入する方法に工夫を施せば、サイトのプロモーションを追求するにあたっては
無限の可能性が拡がります。

正しい戦略を立てれば、flashを用いたビジネスチャンスを拡大できます。
サイトのコンセプトにふさわしいflashのパーツを開発すれば、
収益の大幅な向上に結びつきます。

弊社は、質の高いflashを開発する技術に関しても、
サイトへの導入に関するノウハウに関しても、優れた実績を備えております。

 キーワード:オープン標準

オープン標準(オープンひょうじゅん、英: Open standard)は、使用に当たっての各種権利を伴って公然と利用可能な標準である。 「オープン(open)」および「標準(standard)」という用語には様々な意味がある。「オープン」は使用料が徴収されない技術という意味に限定されることもある。「標準」は、全ての利害関係者が参加可能な委員会で合意を形成することで承認された技術という意味に限定されることもある。 「オープン標準」は定義によっては、特許権保有者がその標準の実装者やユーザーに「妥当かつ非差別的」なロイヤリティ料金や他のライセンス条項(いわゆるRANDライセンス)を課すことを許す。例えば、ITU、ISO、IEC といった国際的に認知されている主要な標準化団体が策定する標準では、実装に当たって特許料を徴収することを許している。しかし、欧州連合やデンマーク政府の定義によれば、無料で利用できるものをオープン標準としている。ライセンス料を徴収するなら、フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアでオープン標準を実装できないということにもなり、特許権を保有しない者にとっては差別的であるとの議論もある。しかし「オープン標準」の多くの定義では、料金を徴収しないことを前提とする場合が多い。 「オープン標準」は「オープンソース」と組み合わせて語られることが多く、完全なフリーかつオープンソースの実装が存在しない標準はオープン標準とは言えないという考え方もある[1]。 フォーマットを指定するオープン標準をオープンフォーマットと呼ぶこともある。 単に標準と呼ばれる仕様の多くは、所有権者がいて、その仕様の所有権者である組織から与えられる制限された契約条件下でのみ利用可能である。そのような仕様は「オープン」とは見なされない。

 オープン標準

Ruby

flashを使うメリット

flashを用いたサイトの成功パターン

適量の情報表示と、ダイナミックで高揚感あふれるイメージを取り入れることによって、サイトのコンセプトを的確に表現し、ユーザーを確実にナビゲートすることができます。

flashは適材適所で用いることで、最大の効果を引き出すことが可能です。そのような成功例は、それこそ枚挙に暇がありません。

flashとは

flashは、音声・動画・アニメーションを組み合わせたコンテンツで、イラストや写真のような静止画を動的に印象付けることができるなど、非常にインプレッシヴな演出を実現するソフトとして定評があります。数多くのWebサービスで、利用されています。入力フォームからの文字入力ができたり、マウスやキーボードでもコントロールができたり、自由度の高さでも知られています。劇的な効果を期待できることから、今後ともヴァラエティに富んだ利用方法が考え出されていくと推定されています。

flashの特徴

flashの6つの画期的な特徴
(1)普及率の高さ
(2)豊富な情報量
(3)保存容量の小ささ
(4)マルチプラットフォームである
(5)インタラクティブなWebサイトを作成可能
(6)サイズ変化による画質の劣化がない
 
 
 
 

ビジネスへの活用タイプ

flashをビジネスに利用する4つの方法
(1)スタイリッシュなWebページ作成
(2)バナー広告などのキャンペーン活用
(3)Webアプリのリッチ化
(4)モバイルサイトの構築支援
 
 
 
 
 
 

開発実績、技術者

開発実績

数多くのflashを取り入れたWebサイトの開発経験で培った技術を用いて、精度の高い確かなサービスを提供いたします。

  • flash連動型サイトの開発
  • ■言語 - PHP,Linux,MySQL
  • ■期間 - 2008/3 ~ 2008/4
  • flash連動型SNSの開発
  • ■言語 - PHP,Linux,MySQL
  • ■期間 - 2009/1 ~ 2010/3

弊社所属技術者

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いシステムを効率よく構築いたします。

  • 32歳 男性(WEB系システム経験5年)
  • |対応案件実績|
  • ・flashSNS開発(設計~テスト)[Linux、Ruby on Rails、MySQL]
  • ・flash連動型携帯サイト開発(設計~テスト)[Linux、Ruby on Rails、MySQL]
  • 28歳 男性(WEB系システム経験4.5年)
  • |対応案件実績|
  • ・flash連動型アプリケーション開発(設計~テスト)[Linux、PHP、MySQL]

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

モバイル向け落ちものゲーム開発

  • 内容:落ちものゲーム開発(モバゲー)[モバイルゲーム]
    ■環境 - Flash
    ■期間 - 2010/2 ~ 2010/4

モバゲー向けゲーム開発

  • 内容:モバゲー向けゲーム開発[モバイルゲーム]
    ■環境 - Flash
    ■期間 - 2010/2 ~ 2010/4

モバイル向けゲーム開発

  • 内容:モバイル向けゲーム開発[モバイルゲーム]
    ■環境 - Flash
    ■期間 - 2010/1 ~ 2010/3

3Dアプリケーション開発

  • 内容:金融系3Dアプリケーション開発
    ■環境 - Flash
    ■期間 - 2009/6 ~ 2009/11