概要 CMS構築支援 | コンテンツマネージメントシステム/Content Management System/設計/開発/運用/受託/請負/常駐/人材/派遣

電話でのお問合せ:03-6661-0912 

技術者登録

数多くのCMSの構築経験で培った技術を用いて、精度の高い確かな技術で対応をいたします。より高度な開発スキルとノウハウを駆使し、品質の高いアプリケーションを短期間で効率よく開発いたします。
SE、プログラマー、デザイナー、ディレクター、プランナーのスタッフで構成しておりますので、企画制作からサイトの完成まで、全ての工程を請け負うことが可能です。また、デザインのみなどの、一部のパートを請け負うことも可能です。

キーワード:

概要


ウェブサイト、ポータルサイトの構築、管理によく使用される。
ウェブページを作成し、運用するには、 HTMLファイルや、それを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要だった。コンテンツマネージメントシステムでは、技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、ウェブによる情報発信をおこなえるように工夫されている。また、テンプレートの選択により全体のデザインを容易に変更することができるなど、省力化にも役立つ。多くのインターネットサービスプロバイダでは顧客サービスの一部に、CMSを活用した「簡単ホームページ作成」といったメニューが用意されており、自社で独自のCMSを開発しているWeb制作会社も少なくない。ブログツールなどCMSの一般化にともない、インターネット上のWebページが爆発的に増加したといっても過言ではない。
コンテンツマネージメントシステムは、汎用的なものから特定の目的に特化したものまで様々であり、規模もまちまちである。企業・自治体向けのような大規模なコンテンツマネージメントシステムでは、ページごとの公開期間の厳密な時間管理や、公開を承認するワークフロー、サイト内リンク切れの防止、デザインの統一、バージョン管理など様々な機能があり、品質を維持しつつ多人数での共同作業を効率よく行うことを可能にしている。個人向けコンテンツマネージメントシステムとしては、各種Weblogツールが挙げられる。ブログツールでは、ページの自動生成や公開日指定、RSS配信、トラックバックなどの機能が用意されている。Wikipediaなどで使用されるウィキや、SNS、Commerceもコンテンツマネージメントシステムの一つである。ほぼ共通して以下のような特徴がある。
* 権限の異なる複数の管理者、あるいは投稿者がウェブブラウザからサイトへコンテンツをアップロードできる。
* 任意のキーワードでサイト内のコンテンツを検索できる。
* モジュールまたはプラグインを追加してシステムを拡張できるCMSも多い。
* 多くのCMSが、オープンソースとしてGPLを適用して提供されるようになった。
* デザインカスタマイズのために、CMSを使うWebデザイナーには、CSSの知識が必須となってきた。
最近では携帯向けコンテンツ管理システム(CMS)も多く出てきており、Webシステム開発のローコスト化、省力化の要請とともに注目を浴び、ますます市場拡大をしている。日本語処理についてリスク(制限)が少ない純国産のCMSも増加傾向にあり、選択の幅が広がりつつあるが、これらの中にはライセンス料の支払いが必要なものが少なからずある。
オープンソースでもWebシステム開発企業が自社の開発ツールの一部を公開したものや、個人プログラマーが趣味で作成したものなどが含まれる。よくいえば百花繚乱、悪く言えば玉石混交で乱立の様相を呈し、ユーザーとしてはその選択に困るが、XHTMLへの対応が不十分(W3C非推奨の要素、オプションを含みバリデーションチェックをパスできない)なほか、いわゆる公式サイトが低調で休眠状態(履歴が古く、質問を投じても何もレスポンスがない)、技術資料・ドキュメントが少なすぎるなどサポート体制が整っていない、あるいは検索機能が無いものや、多機能と謳いながらコンテンツの一部を他のCMSに依存している、さらに公式サイト自身がそのCMSで制作されていないケースすらあるので注意が必要である。
なお、ほとんどのCMSがMySQLやPostgreSQL、Oracleなどのデータベース管理システムを使ってコンテンツの管理を行っており、さらにmod_rewriteなどによって動的コンテンツの見かけ上のURLをスリム化する手法も広がりつつあるので、OSやCGIなどの周辺環境も含め、導入可能な環境については個々に確認しなければならない。
CMSのシステムによっては任意のサーバ(専用サーバ、共用レンタルサーバ)環境へインストール・運用を行うもののほか、ASP、SaaS方式で提供しているものもある。




CMS 概要
弊社はCMSの構築、そして運用など、幅広くCMS構築に関わるソリューションを提供しています。

ビジネスのスピードは日々加速していますが、必要なタイミングでの適任な開発技術者の確保は依然困難です。
弊社のCMS構築技術者を含めた技術者ネットワークから必要なタイミングで適任者をご提案しお客様のビジネスを強力に支援します。



数多くのCMSの開発経験で培った技術を用いて、確かなサービスを提供いたします。
- 実績一覧 -
- 開発実績 -
●質屋様向けECサイト構築
■環境 - PHP,Linux,MySQL
■期間 - 2009/1 ~ 2009/9

●大手オークションシステム開発
■環境 - Java,Linux,MySQL
■期間 - 2009/6 ~ 2009/11


CMS 概要

かつてない厳しい経営環境の中で、企業は顧客満足度の向上、コストダウン、生産性の向上など、
自社のビジネス価値を向上するための手段を次々と講じていかなければなりません。
弊社は、CMSを活用してそうしたチャレンジを実践しようとするお客様のビジネスを強力にバックアップしてまいります。


- 弊社所属CMS構築技術者 -
34歳 男性
|対応案件実績|
・CMS構築経験多数
スキル - Perl、PHP、JAVA、Linux、MySQL

30歳 男性
|対応案件実績|
・求人サイト構築
スキル - PHP、JAVA、Linux、MySQL
CMS 概要

弊社では、CMSの構築・開発、そして運用など、幅広くCMS開発に関わるソリューションを提供しています。
また、CMS開発技術者の常駐対応要員のご提案も致します。
CMS構築をご検討中でしたらアクロビジョンにご相談ください。


お問い合わせ・資料請求はこちら
会社概要



開発支援
会 社 名株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc)
開発支援
本社所在地〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル 11階   ⇒地図
資 本 金1,000万円
U R LWebサイト : http://www.acrovision.jp/
連 絡 先Tel:03-6661-0912     Fax:03-6661-0913
 特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

池袋センタービル           
池袋センタービル

会社地図
最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線(徒歩4分)

会社ビル


お問い合わせ・資料請求はこちら


過去の対応案件一覧



キーワード一覧
コンテンツマネージメントシステム コンテンツ 概要
ウェブサイト ポータルサイト HyperText Markup Language
ディレクトリ テンプレート インターネットサービスプロバイダ
ワークフロー リンク RSS
トラックバック ウィキペディア ウィキ
ソーシャル・ネットワーキング・サービス ウェブブラウザ モジュール
プラグイン オープンソース GNU General Public License
ウェブデザイナー Cascading Style Sheets 携帯電話
Extensible HyperText Markup Language World Wide Web Consortium MySQL
PostgreSQL Oracle Database データベース管理システム
オペレーティングシステム Common Gateway Interface アプリケーションサービスプロバイダ
SaaS 軽量CMS クロスプラットフォーム
ホスティングサーバ SQLite Extensible Markup Language
汎用CMS 4LESS INTERNET/WEB SPIRAL AD-EDIT2
Alfresco C3 CALib
Drupal Dynamicweb Geeklog
Joomla! Joruri MODx
NetCommons NOREN Content Server Nucleus CMS
OpenCms PHP-Nuke RCMS
SITE PUBLIS TYPO3 UDFace
Web Meister WordPress XOOPS
Zope 島根県CMS ドリコム
Eコマース 電子商取引 EC-CUBE
live Commerce 教育 オープンコースウェア
ムードル 携帯電話向け SITE PUBLIS
エンタープライズコンテンツ管理 デジタル資産管理 Webガバナンス
Webオーサリングツール
 クリック後キーワードの詳細が表示されます
  Copyright @
Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/acrovisionllc/www/business.acrovision.jp/business/cms/footer.php on line 6
2018 Acrovision All Rights Reserved.

 Flex Ruby iPhone Android Silverlight twitter 電子書籍 Ajax モバゲータウン モバイル ゲーム モバイルゲーム mixiアプリ gree facebook
 Blog CMS SNS WebDesign SaaS Flash オフショア BPO ECサイト