バイナリ HP-UX構築支援 | サーバ/Server/設計/構築/開発/受託/請負/常駐/人材/派遣

電話でのお問合せ:03-6661-0912 

技術者登録
どんなに有望なオンラインサービスも、サーバの安定なくしては力を発揮できません。数多くのサーバ構築の経験で培った技術を用いて、安定的で過不足のないサーバ環境をご提案いたします。

弊社はサーバ構築、セキュリティ対策を含めたトータルなご提案をし、導入前のアセスメントサービスからサーバのプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いサーバを効率よく構築いたします。

キーワード:

バイナリ


バイナリ (binary) とは2進数のことであるが、コンピュータが処理・記憶するために2進化されたファイル(バイナリファイル)またはその内部表現の形式(バイナリデータ、バイナリ形式)のことを指して用いられることが多い。
コンピュータが扱うすべてのデータはバイナリデータ(バイトの並び)であり、プレーンテキスト(または単にテキスト)もバイナリデータの一種ではあるが、通常バイナリとテキストは対比して用いられる。テキストとはデータの内容すべてを人間が読んで理解できる (human-readable) 表現形式を指し、バイナリとはそうでない表現形式を指すことが多い。なお、バイナリファイルとなっているファイルフォーマットでも多くは部分的にテキストとして読み取れる箇所が存在する。バイナリファイルにはエンディアンなどの互換性・移植性上の問題があり、それを避けてテキスト形式で記録することも少なくない。バイナリエディタを用いると、バイナリファイルを1バイトずつの(16進法での)数値の並びとして表示・編集を行うことができる。
バイナリファイルにはたとえば画像ファイルや音声ファイル、圧縮されたファイルなどがある。バイナリファイルの中にはファイルの先頭にメタ情報(ヘッダ)を持っているものがある。たとえばGIFファイルは複数の画像を持つことができ、ファイルの先頭でそれぞれの画像を区別する情報が記述されている。そのようなメタ情報を持たないファイルはフラットバイナリファイルと呼ばれる。 特にプログラマの間で、テキストであるソースコードとの対比からコンパイルされたプログラム(オブジェクトファイルや実行ファイルなど)のことを指してバイナリと呼ばれることがしばしばある。 商用ソフトウェアは、他者による改変を防ぐためにバイナリの形態で販売されることが多い。
バイナリ形式でのデータの表現方法はさまざまなものがある。例えば、数値であれば0~9までの数をパターン化して記録するBCD、ゾーンビットと実際の数値、正の数か負の数かを記録するからなる符号ビットからなるアンパック10進数(ゾーン10進数)や、実際の数値と符号ビットだけからなるパック10進数などがある。また、文字列であればPascal文字列やC文字列などがある。
ギークの間では、11月11日を「バイナリデイ」と呼ぶことがある(1111が2進数表記とみなせるため)。




HP-UX バイナリ

弊社は最適なITインフラ構成を提案し、お客様のサーバ構築を成功へとナビゲートします。
ファイアウォール構築、セキュリティ対策を含めたトータルなITインフラを提案し、
導入前のアセスメントサービスからプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

●サービス●
■サーバの構築
お客様の環境に応じたサーバを構築いたします。また、サーバ導入やレイアウト変更などで
発生する設置・移設、及びサーバ環境の再設定作業を代行いたします。

■ファイアウォール構築
社内ネットワークへの不正侵入や破壊行為、WEB、DNS、FTPサーバなど外部公開サーバの防御など、
お客様のニーズに合ったセキュリティシステムの構築を支援いたします。

■コンピュータウィルス対策システム構築
お客様のネットワークシステムへのウィルスの侵入や感染を防ぐウィルス対策システムの導入を支援いたします。

■365日24時間の監視支援
ビジネスシーンにおいて必要不可欠となったWWWシステム。365日・24時間のネットワーク・サーバ監視・管理をいたします。


構築サービスでは基幹系システムや、ミッションクリティカルな金融系システムなどの構築で培ったノウハウを元に、
お客様にご安心頂ける仮想化構築をご提供しております。

柔軟かつ動的なIT環境を構築し、お客様の経営のスピードアップと品質の向上に貢献いたします。

ビジネスのスピードは日々加速していますが、必要なタイミングでの適任なサーバ技術者の確保は依然困難です。
弊社は経験豊富なサーバ技術者を必要なタイミングでご提案しお客様のビジネスを強力に支援します。



- 実績一覧 -
●WEBシステム移行
■内容 - HP-UX導入・設計・構築、HACMP導入・設計・構築、bindによるDNSサーバ構築
■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
■期間 - 2008/1 ~ 2008/7

●金融機関サーバ設計、構築
■環境 - HP-UX導入・設計・構築、MQ設計・導入・構築、oracle設計・導入・構築
■工程 - 要件定義,設計,構築
■期間 - 2008/4 ~ 2008/10

HP-UX バイナリ

かつてない厳しい経営環境の中で、企業は顧客満足度の向上、コストダウン、生産性の向上など、
自社のビジネス価値を向上するための手段を次々と講じていかなければなりません。
弊社は、仮想化技術を活用してそうしたチャレンジを実践しようとするお客様のビジネスを強力にバックアップしてまいります。


- 弊社所属インフラ(仮想化)技術者 -
32歳 男性
|スキル|
インフラ構築/DB設計の上流工程から下流工程まで一通りの業務を従事。
コンサルティング業務にも精通しており顧客要件調査分析/機器/プロダクト選定、
見積もりなど営業支援としても活動。
|対応案件実績|
・システム移行計画/設計(HP-UX,Linux,APサーバ,DBサーバ)
・予約システム構築(HP-UX,Linux,APサーバ,DBサーバ)

37歳 男性(SE)
|スキル|
サーバ構築や、バックアップ環境構築とマネージメントや、若手の教育も可能。
社内での勉強会の開催などにも取り組んできました。
昨今では、VMWareでの仮想化、ブレードでのサーバ統合、SANへのデータ移行・統合なんかも対応。
|対応案件実績|
・WEBサーバ・メールサーバ・DNSサーバ等の設計・構築 (Windows2003、HP-UX、Linux(RedHat,SlackWare))
・WEBサーバ構築・DB2周りの環境設定・DWHの環境整備(HP-UX,WebSphere,DB2)
HP-UX バイナリ


弊社はこれまで培ったサーバ構築、セキュリティ対策、ファイアウォール構築、運用・保守までのノウハウで
お客様のビジネスを支援します。サーバ技術者の確保を検討中でしたらアクロビジョンにご相談ください。


お問い合わせ・資料請求はこちら
会社概要



開発支援
会 社 名株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc)
開発支援
本社所在地〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル 11階   ⇒地図
資 本 金1,000万円
U R LWebサイト : http://www.acrovision.jp/
連 絡 先Tel:03-6661-0912     Fax:03-6661-0913
 特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

池袋センタービル           
池袋センタービル

会社地図
最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線(徒歩4分)

会社ビル


お問い合わせ・資料請求はこちら


過去の対応案件一覧
インフラ詳細設・構築
詳細設計および構築作業
■OS:Linux/HP-UX
■ミドルウェア:Oracle/JP1 AJS2/VMware/Hulft/Data Protector/Netvault
■オープンソース: Postfix/dovecot/Apache/Nagios/MRTG/HotSanic
2008/07~2009/01




キーワード一覧
HP-UX ヒューレット・パッカード UNIX
UNIX System V UNIX System III プロプライエタリ・ソフトウェア
特徴 サーバ インターネット・プロトコル・スイート
シェル コンピュータ・クラスター MC/ServiceGuard
iモード PA-RISC Itanium
EPICアーキテクチャ エミュレータ バイナリ
ソースコード 高可用性 論理ボリュームマネージャ
ジャーナリングファイルシステム VERITAS File System VERITAS
歴史 アポロコンピュータ MC68000
HP 9000 IA-64 ゲートウェイ
CiRCUS スレッド (コンピュータ) A/UX
AIX BSD Darwin (オペレーティングシステム)
DragonFly BSD FreeBSD GNU Hurd
IRIX Linux Mac OS X
NetBSD NEXTSTEP OpenBSD
OpenSolaris Plan 9 QNX
Research Unix SCO OpenServer Solaris
UNIX System V Tru64 UNIX XENIX
 クリック後キーワードの詳細が表示されます
  Copyright @
Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/acrovisionllc/www/business.acrovision.jp/business/hp-ux/footer.php on line 6
2018 Acrovision All Rights Reserved.

 Flex Ruby iPhone Android Silverlight twitter 電子書籍 Ajax モバゲータウン モバイル ゲーム モバイルゲーム mixiアプリ gree facebook
 Blog CMS SNS WebDesign SaaS Flash オフショア BPO ECサイト