iPadアプリケーション開発支援

iPadに関するソリューションを豊富に提供いたします!

iPadアプリケーションの開発から運用までを全面的にバックアップいたします。

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

iPad

ウェブデザインを強力に支援

数多くのウェブデザインで培った経験を用いて、精度の高い確かな技術で対応をいたします。
SE、プログラマー、デザイナー、ディレクター、プランナーのスタッフで構成しておりますので、
企画制作からサイトの完成まで、全ての工程を請け負うことが可能です。
また、デザインのみなどの、一部のパートを請け負うことも可能です。
必要なタイミングでの適任なウェブデザイナーの確保は依然困難です。
弊社のデザイナーを含めた1500人超のネットワークから必要なタイミングで適任者をご提案しお客様を強力に支援します。

 キーワード:問題

レイアウト
ウェブページは、ユーザのブラウザのウィンドウによりデザイン領域を制限されている。その中でどのようにレイアウトするかがひとつの課題である。
多くのデザイナーは、ウェブページ全体を固定幅のテーブルで包むことでこの問題を解決している。これによりデザイナーはブラウザのウィンドウサイズに左右されず、イメージ通りの表示結果を得ることができる。例えば、Yahoo! JAPANのトップページは幅710pxのテーブルの中でレイアウトされている(2006年5月現在[1])。これは最低横800px×縦600pxのディスプレイで最適に表示されるようになっている。
しかし、レイアウト幅を固定することは、ユーザの選択を無視することにもなる。そこで、幅を固定しないレイアウトを用いることもある。固定しない場合、ウェブページのサイズはブラウザのウィンドウサイズに合わせて自動的に整えられる。例えば、ウィキペディアのこのページはその手法がとられている(2006年5月現在)。
デザイナーがどのレイアウトを使用すべきかは、文字の量や画像の多寡にもよるが、アクセスするユーザの利便性を考えて決めるべきである。
CSS対テーブル [編集]
HTML4ではウェブページの見た目にはCSSなどのスタイルシートを用いることを推奨している。しかし、Netscape Navigator 4.xがブラウザ市場を支配していた時代、ウェブページをレイアウトするのにデザイナーが利用した人気の手法はテーブルを用いることであった。グリッドデザインのようにページを細かくレイアウトするためには、しばしば入れ子にされた何重ものテーブルが必要とされた。
本来、テーブルはレイアウトではなく、表データのためだけに使われなければならないものだ[1]。それにも係わらずCSSが用いられなかったのは、Netscape Navigator 4.xのCSSの実装があまり良いものではなかったからである。なお、ウェブオーサリングツールによってはいまだにこの手法を用いたテンプレートを実装している。
ブラウザ戦争末期、CSSを比較的よく実装していたMicrosoft Internet Explorerが市場を支配するようになると、ウェブデザイナーはページをレイアウトする手法としてCSSを利用し始めた。
今日、大半の現代的なブラウザはCSSを最大限に実装している[2]ことや、昨今のユニバーサルデザインを重視する風潮を踏まえてアクセシビリティの確保やユーザビリティの向上を目指してデザインが行われるようになったことなどから、CSSを用いてレイアウトを行うことは、ウェブデザイナーの共通認識として確立されつつある。
Flash [編集]
Adobe Flashは、ブラウザによってウェブ上にダイナミックな内容と様々なメディア、インタラクティブなページを作成することができる。現在では、Flashの採用により全くHTMLを使用しないウェブサイトも多い。しかし、Flashをサポートしていないブラウザもあり、そのようなブラウザでは何も表示されないという問題がある。このため、アクセシビリティの観点からは、代替のHTMLを用意することが望ましいとされる。
Flashのファイルフォーマットは私企業であるアドビシステムズ(旧マクロメディア)が策定しており、その仕様は公開されている[3]。ライセンス上、仕様書を利用してそのファイルフォーマットのインタプリタを開発することはできない[4]が、ファイルを出力するソフトウェアを実装することは誰にでも可能である。

 問題

開発実績、技術者

弊社開発実績

〜実績一覧〜
●質屋様向けECサイトデザイン
■期間 - 2009/1 ~ 2009/9

●大手オークションサイトデザイン
■期間 - 2009/6 ~ 2009/11

弊社所属ウェブデザイナー技術者

  • 34歳 男性
  • |対応案件実績|
    ・ウェブデザイン経験多数
    スキル - フォトショップ、イラストレーター

  • 30歳 男性(SE)
  • |対応案件実績|
    ・ウェブデザイン経験多数
    スキル - フォトショップ、イラストレーター

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧