VMware構築支援 仮想化

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> VMware Hyper-V Xen KVM 仮想化 ITIL

vmware

実績の「VMware」

IT投資へのコスト削減を検討するにあたり、インフラは間違いなく対象となるでしょう。
そして、以前より話題となっている「仮想化」を考慮する事になるはずです。
しかし、インフラを仮想化構築するソフトは幾つも有ります。
具体的には、「VMware」「Xen」「Hyper-V」「KVM」どれを選択するか迷うはずです。
結論として当然企業が何を優先したいかで、どのソフト(製品)を選択するかが決まります。

実績で評価するならやはり「VMware」です。
仮想化構築対象となるシステム規模は、小規模、中規模はもちろん、特に大規模データセンタなどでも効果を発揮しています。
例えば、大手金融機関(銀行、証券会社)は、軒並み「VMware」を利用しています。
他の仮想化構築ソフトに比べて価格が高いのは否めませんが、実績ではやはり1番です。

 キーワード:無償製品

VMware Server [編集
対応するホストOSはWindowsとLinux。2006年2月のリリース以前はGSX Serverとして有償で提供されていた。英語版のみが配布される。
VMware Player [編集]
対応するホストOSはWindowsとLinux。単体で配布されるほか、VMware Workstationにも同梱されている。バージョン2までは作成済みの仮想マシンの実行に特化した製品であり、新たな仮想マシンを作成する機能は持たなかったが、バージョン3ではそれが搭載されたため、単独でも利用可能になった。[1]また、バージョン2まではVMware Toolsも提供されていなかったが、バージョン3では最新版をダウンロードしてインストールする機能を備えている。
VMware ESXi [編集]
VMware ESXからコンソールOS(VMware VirtualCenter、カスタマイズされたLinux)を除き、さらに単独での運用に特化したクラスタ機能を含まない製品。マイクロソフトのHyper-Vに対抗するために無償公開される前はInfrastractureの一部だった。VMware ESX同様、ホストOS環境を必要としないハイパーバイザ型の仮想化OSである。VMwareのサイトから無償ダウンロードできるほか、複数のハードウェアメーカーからUSBメモリなどで組み込み済みの形でも提供されている。サービス・コンソールは別のコンピュータ(現在はWindows XP以降)で実行し、ネットワーク経由で操作する。動作条件としてIntel VTまたはAMD-Vに対応したマルチコアCPUを要求するほか、ESXiが対応するデバイスドライバを持ったハードウェアが現在のところかなり限定されるため、例えばNICではIntelかBroadcom、NVIDIAのみの対応であり、RealtekやVIA、Marvellのネットワークアダプタでは動作しない。VMwareのサイトにて互換性リスト(HCL)が公開されている。なお、本製品は無償製品であるが、ユーザ登録を行わないと60日間の試用期間後には使用できなくなる。機能を絞込みシンプルな構成のためセキュリティに関してはESXより優れている。
VMware vCenter Converter [編集]
対応するホストOSはWindowsとLinux。単体で配布されるほか、VMware Workstationにも同梱されている。バージョン2までは作成済みの仮想マシンの実行に特化した製品であり、新たな仮想マシンを作成する機能は持たなかったが、バージョン3ではそれが搭載されたため、単独でも利用可能になった。[1]また、バージョン2まではVMware Toolsも提供されていなかったが、バージョン3では最新版をダウンロードしてインストールする機能を備えている。
VMware ESXi [編集]
VMware ESXからコンソールOS(VMware VirtualCenter、カスタマイズされたLinux)を除き、さらに単独での運用に特化したクラスタ機能を含まない製品。マイクロソフトのHyper-Vに対抗するために無償公開される前はInfrastractureの一部だった。VMware ESX同様、ホストOS環境を必要としないハイパーバイザ型の仮想化OSである。VMwareのサイトから無償ダウンロードできるほか、複数のハードウェアメーカーからUSBメモリなどで組み込み済みの形でも提供されている。サービス・コンソールは別のコンピュータ(現在はWindows XP以降)で実行し、ネットワーク経由で操作する。動作条件としてIntel VTまたはAMD-Vに対応したマルチコアCPUを要求するほか、ESXiが対応するデバイスドライバを持ったハードウェアが現在のところかなり限定されるため、例えばNICではIntelかBroadcom、NVIDIAのみの対応であり、RealtekやVIA、Marvellのネットワークアダプタでは動作しない。VMwareのサイトにて互換性リスト(HCL)が公開されている。なお、本製品は無償製品であるが、ユーザ登録を行わないと60日間の試用期間後には使用できなくなる。機能を絞込みシンプルな構成のためセキュリティに関してはESXより優れている。
VMware vCenter Converter [編集]


VMware構築支援 仮想化

vmware

『VMware』の技術者が、私たちアクロビジョンに多数在籍している理由

なぜ、私たちがすぐに問題を解決できるのか?
その答えは、『VMware』の経験豊かな人材を多数抱えているからです。

私達アクロビジョンは、システム開発に力を入れています。
そして、自社在籍の技術者などを業務支援という形でアサインすることも出来るのです。


vmware技術者多数在籍

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

インフラ詳細設・構築

  • 詳細設計および構築作業
    ■OS:Linux/HP-UX
    ■ミドルウェア:Oracle/JP1 AJS2/VMware/Hulft/Data Protector/Netvault
    ■オープンソース: Postfix/dovecot/Apache/Nagios/MRTG/HotSanic
    2008/07~2009/01

WEB負荷分散システムコンサルティング/設計 仮想化

  • ■環境 - VMware,Linux,APサーバ,DB2
    ■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
    ■期間 - 2009/1 ~ 2009/5

大手メーカのオープン系サーバシステムの構築 仮想化

  • ■環境 - VMware ESX,Windows 2003 Server,RHEL AS4/ES4
    ■工程 - 要件定義,設計,構築
    ■期間 - 2008/4 ~ 2008/10