仮想化(VMware,Hyper-V,XenServer)構築支援

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> VMware Hyper-V Xen KVM 仮想化 ITIL

virtual

常識となりつつある『仮想化』

『仮想化』。

技術的なキーワードであるにも関わらず、御存知である方も多いと思います。
『仮想化』という言葉がクローズアップされる背景としては、元々企業で使用されている大半のリソース(サーバー、ストレージ、ネットワーク)に余剰部分が多く存在している、という問題があります(※)。
そこで、有効利用の観点から不要なリソース/コストを削減していこうという考え方になります。
それを実現するのが『仮想化』です。
例えば、サーバが集約される事で、消費電力やデータセンターのラック代などのコスト削減を望めます。

実際、仮想化の導入は進んでいます。
国内ユーザー企業に対する2009年度の導入傾向は30%でしたが、2012年度には60%近くに増えると予想されています。
今後、仮想化が『新常識』となるのは間違いありません。

(※)
サーバー:通常CPU使用率は10パーセントぐらいで、90パーセントは余っている。
ストレージ:数十ギガバイトも余っているハードディスクが多くある。
ネットワーク:開発環境、本番環境、バックアップ環境など複数有り、有効利用されているわけではない。

 キーワード:エンドユーザー


移動: ナビゲーション, 検索
経済学と商業では、エンドユーザー (End-user) を、商品を使う人と定義する。エンドユーザーは顧客とは違う概念である。顧客は商品を買ったとしても、必ずしもそれを使うとは限らない。例えば、ゾウの餌を顧客として買うのは飼育係だが、エンドユーザーはゾウである。契約書などでは、「エンドユーザー」という用語は再販業者でない者を示す。この定義で見れば、飼育係に餌を売った業者が非エンドユーザーで、飼育係はエンドユーザーということになる。エンドユーザー使用許諾契約書(例えば、ソフトウェアインストール時のライセンス契約確認画面)では、この定義で「エンドユーザー」という用語を使っている。
エンドユーザーの議論は一般的にコンピュータアプリケーションに関する文脈で行われる。
コンピュータ関連での定義 [編集]
「エンドユーザー」はソフトウェア工学での中心的概念のひとつであり、あるソフトウェアを最終的に使うと想定される人々を抽象して「エンドユーザー」と称する。他に、想定ユーザー、対象ユーザーなどとも言う。
この抽象は、ユーザインタフェースを設計する際に有用である。エンドユーザーがどんなインタフェースを(以前に使ったことがあるとか、特有の単純さを備えているといった理由で)快適と感じるか、あるいは技術的な経験の程度や対象分野やプロジェクトに関する知識レベルなども含めて、ユーザーの特徴を考慮して設計が行われる。
プログラムを広く大衆向けに製造販売する場合は、エンドユーザーの想定に小さな制約が課せられる。一般に、そのような場合にコンピュータ・インタフェースについての技術的経験や事前の訓練がほとんど全く無いと想定することが多い。これは、「エンドユーザー」という用語についての一般的な印象にも付きまとう。この文脈では、使いやすさにおいて直感的なGUI(場合によってはタッチ・インタフェースなど)の方が洗練されたCUIよりも好まれることが多い[要出典]。


仮想化(VMware,Hyper-V,XenServer)構築支援

virtual

『仮想化』の技術者が、私たちアクロビジョンに多数在籍している理由

なぜ、私たちがすぐに問題を解決できるのか?
その答えは、『仮想化』の経験豊かな人材を多数抱えているからです。

私達アクロビジョンは、システム開発に力を入れています。
そして、自社在籍の技術者などを業務支援という形でアサインすることも出来るのです。


virtual技術者多数在籍

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

インフラ詳細設・構築

  • 詳細設計および構築作業
    ■OS:Linux/HP-UX
    ■ミドルウェア:Oracle/JP1 AJS2/VMware/Hulft/Data Protector/Netvault
    ■オープンソース: Postfix/dovecot/Apache/Nagios/MRTG/HotSanic
    2008/07~2009/01

WEB負荷分散システムコンサルティング/設計 仮想化

  • ■環境 - VMware,Linux,APサーバ,DB2
    ■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
    ■期間 - 2009/1 ~ 2009/5

大手メーカのオープン系サーバシステムの構築 仮想化

  • ■環境 - VMware ESX,Windows 2003 Server,RHEL AS4/ES4
    ■工程 - 要件定義,設計,構築
    ■期間 - 2008/4 ~ 2008/10