ルーターの基本的動作・仕様 ルーター構築支援 | ネットワーク/Cisco/スイッチ/設計/構築/開発/受託/請負/常駐/人材/派遣

電話でのお問合せ:03-6661-0912 

技術者登録
どんなに有望なオンラインサービスも、ネットワークの安定なくしては力を発揮できません。
数多くのネットワーク構築の経験で培った技術を用いて、安定的で過不足のないネットワーク環境をご提案いたします。

弊社はネットワーク構築、ルータセッティング、セキュリティ対策を含めたトータルなご提案をし、
導入前のアセスメントサービスからネットワークのプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

より高度なスキルとノウハウを駆使し、品質の高いネットワークを効率よく構築いたします。

キーワード:

ルーターの基本的動作・仕様


ルータの主な機能はIPパケットの宛先IPアドレスを基に、フレームを転送することにある。
ブリッジがOSIの2層で働くのに対し、ルーターは 3層 (IP層)で働く。ブリッジと異なる特徴としては、基本的にブロードキャストを転送しないことであるが、DHCPなど特定のプロトコルによるブロードキャストを(たとえば DHCP サーバ宛の)ユニキャストに書き換えて転送するように設定することも可能な場合が多い。ブリッジがコリジョンドメインを分割するのに使われるのに対し、ルーターはブロードキャストドメイン(ネットワークセグメント)を分割する。あるいは、ルーターは、異なるLANを接続する役割を持つと表現されることが多い。
挙動は以下のとおり。
経路制御情報の管理 [編集]
主な経路制御情報を挙げる。
* 宛先ネットワーク/マスク
* 隣接ルーターのIPアドレス
* 送出インタフェースのテーブルを管理するルーティングテーブル
経路制御情報は、ネットワーク管理者が記述する静的経路情報と、隣接ルーターから受信する動的経路情報がある。動的情報には様々な形式があるため、どの動的情報に対応するかも設定項目に含まれる。
静的経路情報の代表的なものはデフォルトルートである。動的経路情報の伝達には、ネットワークの規模や組織内または組織間などの用途に応じてRIP、OSPF、BGPなどのプロトコルが用いられる。
「Internet Protocol」も参照
ブロードキャストの受信 [編集]
任意のホストから生じるブロードキャストパケットを受信し、その送信元のIPアドレスと、送信元のMACアドレス、受信ポートを学習する(ARPテーブルの作成とも呼ばれる)。
ルーターは3層機器として広く認知されているが、ルーターが直接収容するEthernet上のホストと通信するには、Ethernetの仕組み上、MACアドレスが必要となる。
ユニキャストの受信と転送 [編集]
ルーターがユニキャストフレームを受信した場合、送信先MACアドレスが自分宛でなければ、ARPテーブルを更新し、フレームを破棄する。送信先 MACアドレスが自分宛であれば、フレームからIPパケットを抽出し、宛先IPアドレスをスキャンし、そのIPアドレスが自分宛であれば、自身への通信と理解する。ここまでは、Ethernetのままである。
MACが自分宛でかつIPが自分宛でない場合、別ネットワークへの転送が行われる。逆に言うと、あるホストが他のネットワークのホストと通信するには、宛先MACがデフォルトゲートウェイのフレームを送出する。
さて、ルーターはフレームからIPパケットを抽出し、宛先IPをルーティングテーブル内で検索し、マッチするものがあれば、フレーム送出インタフェースを決定する。このときフレームにカプセリングする際に、ARPテーブルを参照し、宛先のMACを次のルーター/ホストのものにし、送信元MACを自己のMACにする。宛先IPは、マッチしなくとも最終的にデフォルトルートにマッチし、当該インタフェースに送出される。ルーターにデフォルトルートの記述がなく、ルーティングテーブルにマッチしなければ、パケットは破棄されて、ICMPのNet Unreachableを送信元に返す。
ARPリクエスト [編集]
ユニキャストのIPが、ルーターに直接収容されたネットワークの範囲であり、かつARPテーブル上に当該IPを学習していない場合、そのネットワークが、MACアドレスを使用しないメディアであれば、単純に送出するが、MACアドレスを使用するメディアであれば、自己のMACを送信元として、ARP リクエストをそのホストが存在するはずのネットワークのみに送出する。
ARPリクエストに返事があれば、ARPテーブルを更新し、フレームを転送する。返事がなければ、ICMPのHost Unreachableを送信元側に返す。
バッファ制御 [編集]
ルーターのハードウェア的な安定に関わる設計要素で、ルータに接続されるメディアの速度差が大きいほど、バッファ制御の設計が重要になる。各社独自のバッファ制御を行っているが、ルーターの安定性は、このバッファ制御の作り込みに大きく関係している。
64KbpsのISDNのみに対応したルーターであれば、速度の遅い安価なメモリを大量に使うことで解決するが、64Kbps-6Mbpsの広範囲な回線速度に対応したルーターは、それなりに高価なものとなる。
バッファ制御に関わる設定をした後は、ルーターの再起動が必要である。[要出典]
ルーティングキャッシュ [編集]
使用される頻度の高い経路情報を優先して参照するために、より高速のメモリに保持する仕組み。または、検索順番の先頭に配置する仕組み。




ROOTER ルーターの基本的動作・仕様
弊社は最適なITインフラ構成を提案し、お客様のネットワーク構築を成功へとナビゲートします。
ファイアウォール構築、セキュリティ対策を含めたトータルなITインフラを提案し、導入前のアセスメントサービスからプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

●サービス●
■ネットワークの施行
お客様の環境に応じたネットワークの施行をいたします。また、サーバ導入やレイアウト変更などで
発生する設置・移設、及びネットワーク環境の再設定作業を代行いたします。

■ファイアウォール構築
社内ネットワークへの不正侵入や破壊行為、WEB、DNS、FTPサーバなど外部公開サーバの防御など、お客様のニーズに合ったセキュリティシステムの構築を支援いたします。

■コンピュータウィルス対策システム構築
お客様のネットワークシステムへのウィルスの侵入や感染を防ぐウィルス対策システムの導入を支援いたします。

■365日24時間の監視支援
ビジネスシーンにおいて必要不可欠となったWWWシステム。365日・24時間のネットワーク・サーバ監視・管理をいたします。


構築サービスでは基幹系システムや、ミッションクリティカルな金融系システムなどの構築で培ったノウハウを元に、
お客様にご安心頂ける仮想化構築をご提供しております。

柔軟かつ動的なIT環境を構築し、お客様の経営のスピードアップと品質の向上に貢献いたします。

ビジネスのスピードは日々加速していますが、必要なタイミングでの適任なネットワーク技術者の確保は依然困難です。
弊社は経験豊富なネットワーク技術者を必要なタイミングでご提案しお客様のビジネスを強力に支援します。



- 実績一覧 -
●NGN開発NW設計、構築
■内容 - 開発用NW設計、構築、CiscoL3スイッチ、Ciscoルータ、CiscoL2スイッチ、IPv6
■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
■期間 - 2008/1 ~ 2008/7

●金融機関NW設計、構築
■環境 - NW移転、統合、CiscoL3スイッチ、Ciscoルータ、CiscoL2スイッチ、
     Firewall-1、負荷分散装置
■工程 - 要件定義,設計,構築
■期間 - 2008/4 ~ 2008/10

ROOTER ルーターの基本的動作・仕様

かつてない厳しい経営環境の中で、企業は顧客満足度の向上、コストダウン、生産性の向上など、
自社のビジネス価値を向上するための手段を次々と講じていかなければなりません。
弊社は、仮想化技術を活用してそうしたチャレンジを実践しようとするお客様のビジネスを強力にバックアップしてまいります。


- 弊社所属インフラ(ネットワーク)技術者 -
33歳 男性
|スキル|
ネットワーク提案、設計、構築、運用、顧客要件調査分析/機器/プロダクト選定、見積もりなど営業支援としても活動。
CiscoL3スイッチ,Ciscoルータ,CiscoL2スイッチ,Firewall-1,負荷分散装置
|対応案件実績|
・料金システムネットワーク設計、構築(CiscoL3スイッチ,Ciscoルータ,CiscoL2スイッチ)
・データセンターネットワーク設計、構築、運用(CiscoL3スイッチ,Ciscoルータ,CiscoL2スイッチ)

37歳 男性(SE)
|スキル|
今まで、ネットワークエンジニアとして、スイッチ、ルータ、ファイヤーウォール、負荷分散装置等を用いた、
LAN、WANの要件定義、ドキュメント作成、設計、テスト、構築、トラブル解決、運用を行ってきた。
対応製品は主に、スイッチ、ルータは、cisco、ファイヤーウォールは、Netscreen、FW1、負荷分散装置は、SS8000、Alteon
|対応案件実績|
・WEBサーバ・メールサーバ・DNSサーバ等の設計・構築
・大手企業のNW構築、障害対応(ASW,ルータ,FWによるLAN,WANの設計、構築および障害対応)

ROOTER ルーターの基本的動作・仕様


弊社はこれまで培ったネットワーク構築、セキュリティ対策、ファイアウォール構築、運用・保守までのノウハウで
お客様のビジネスを支援します。ネットワーク技術者の確保をご検討中でしたらアクロビジョンにご相談ください。


お問い合わせ・資料請求はこちら
会社概要



開発支援
会 社 名株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc)
開発支援
本社所在地〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル 11階   ⇒地図
資 本 金1,000万円
U R LWebサイト : http://www.acrovision.jp/
連 絡 先Tel:03-6661-0912     Fax:03-6661-0913
 特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

池袋センタービル           
池袋センタービル

会社地図
最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線(徒歩4分)

会社ビル


お問い合わせ・資料請求はこちら


過去の対応案件一覧



キーワード一覧
ルーター コンピュータネットワーク 通信
通信プロトコル インターネット・プロトコル・スイート 概要
OSI参照モデル 規模によるルーターの分類 ネットワーク構成
インターネットサービスプロバイダ Wide Area Network (WAN) ADSL
FTTH インターネット ネットワークアドレス変換
レイヤ3スイッチ 接続 イーサネット
ツイストペアケーブル 光ファイバー Asynchronous Transfer Mode
Fiber distributed data interface ISDN Point-to-Point Protocol
Virtual Private Network 転送 選別
管理 Routing Information Protocol Open Shortest Path First
Border Gateway Protocol Internet Control Message Protocol 4段階の内部処理
バッファ FIFO 連想メモリ
二分木 ハッシュ関数 Time to live
冗長化技術 冗長化 ルーティング
Interior Gateway Protocol Interior Gateway Routing Protocol EIGRP
Virtual Router Redundancy Protocol スパニングツリープロトコル 歴史
国防高等研究計画局 ARPANET BBNテクノロジーズ
Interface Message Processor 交換機 ロバート・カーン
ヴィントン・サーフ IEEE Transmission Control Protocol
プロトコル PDP-11 アセンブリ言語
インターフェース RS-232 シリアル通信
モデム ターミナルアダプタ ダイヤルアップルーター
ビット毎秒 専用線 ブロードバンドインターネット接続
PPPoE 光回線終端装置 ブロードバンドルーター
ルーターの基本的動作・仕様 IPアドレス ブリッジ (ネットワーク機器)
Internet Protocol ブロードキャスト Dynamic Host Configuration Protocol
ユニキャスト MACアドレス Address Resolution Protocol
NTTエムイー ヤマハ ダイヤルアップ接続
フレッツ・ISDN 加入電話 アクセスポイント (ISP)
World Wide Web PHS PCカード
ウェブブラウザ Telnet 暗号
ポート番号 Domain Name System 無線LAN
アクセスポイント (無線LAN) IP電話アダプタ ダイナミックドメインネームシステム
Universal Plug and Play コンピュータウイルス 不正アクセス行為の禁止等に関する法律
Winny Share 非武装地帯 (コンピュータセキュリティ)
プリントサーバ ネットワークアタッチトストレージ BitTorrent
モバイルルーター Universal Serial Bus WiMAX
Pocket PC 携帯電話 スマートフォン
無線モデム 新しいネットワーク・サービス技術 広域イーサネット
レイヤー3スイッチ ファイアーウォール PCを利用して構成したルータ
パーソナルコンピュータ ネットワークカード オペレーティングシステム
UNIX ルーティングプロトコル ランダム初期検知
 クリック後キーワードの詳細が表示されます
  Copyright @
Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/acrovisionllc/www/business.acrovision.jp/business/rooter/footer.php on line 6
2018 Acrovision All Rights Reserved.

 Flex Ruby iPhone Android Silverlight twitter 電子書籍 Ajax モバゲータウン モバイル ゲーム モバイルゲーム mixiアプリ gree facebook
 Blog CMS SNS WebDesign SaaS Flash オフショア BPO ECサイト