歴史 Linuxサーバ構築支援 | RedHat/CentOS/設計/構築/受託/請負/常駐/人材/派遣 セキュリティ,ファイアウォール,Unix

電話でのお問合せ:03-6661-0912 

技術者登録
どんなに有望なオンラインサービスも、サーバの安定なくしては力を発揮できません。数多くのサーバ構築の経験で培った技術を用いて、安定的で過不足のないサーバ環境をご提案いたします。

弊社はサーバ構築、セキュリティ対策を含めたトータルなご提案をし、導入前のアセスメントサービスからサーバのプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いサーバを効率よく構築いたします。
●キーワード:サーバ構築、ファイアウォール構築、セキュリティ対策、Linuxサーバ

キーワード:

歴史


Linuxカーネルは、1991年に当時フィンランドのヘルシンキ大学在学中だったリーナス・トーバルズが個人で開発を開始した。最初はアセンブリ言語で記述されたターミナルエミュレータだったが、その後、Minixよりも優れたMinixを作るために拡張された。
当時はインテルの80386 CPUを搭載した32bit PC/AT互換パーソナルコンピュータが登場し、それまで32ビット環境を扱うために要求されたワークステーションやミニコンピュータ等と比較すれば遥かに安価に、しかも個人でも入手が可能なものとなりつつあったため、リーナス・トーバルズはこれを使ってUNIX互換の機能を持つOSを動作させてみたいと考えていた。しかし商用UNIXは単純に高価であり、UNIXを模して実装されたMinixもまた教育用という動機からその機能を大幅に簡略化されていたために構造的ないくつもの問題を備えており、いずれもトーバルズの目的を果たすことは困難だった。このためトーバルズは自らOSカーネルの開発に着手し、既に使用していた自作のターミナルエミュレータを改造、ファイルシステムなどUNIX互換のサブシステムとAPIを作成し、GNU Projectのライブラリやツール環境などと組み合わせることでそれらのソフトウェアが使えるようにした。
登場した当初のLinuxの実装は極めて単純なものであり、既存の他のどのようなUNIXシステムに対しても、その機能と実績において比肩しうるものではなかった。しかし当時、フリーなUNIX互換OSを開発していたGNU Projectはカーネル(GNU Hurd)を完成しておらず(2006年現在もなお開発途上である)、AT&TのUNIXもフリーではなく、さらにBSDはAT&Tと係争中だったために、即座に利用可能な形で提供され、スクラッチ開発であることから権利上の問題も抱えていないと考えられる、クリーンかつフリーなUNIX互換カーネルと呼ぶことができるめぼしい存在は、Linuxの他になかった。 PCでも動作する、より本格的でフリーなUNIX(ライク)環境を求める潜在的なユーザーや開発者たちの多くは、当時は主に書籍として流通していた教育用 OS「Minix」に流れていたが、トーバルズはLinuxをMinixのメーリングリスト上で公開し、GPLの下で利用可能にすることにした。これはインテルの32bitCPUを搭載したパーソナルコンピュータでしか動作しなかったが、ちょうど32bitパーソナルコンピュータの普及期だったこと、GPLによって誰もが改良可能だったことから、フリーですぐに使用でき、より多くの機能のあるOSを求める人々からの改良を促した。“適切なときに適切な場に居合わせた”ことが、後の大幅な成長に繋がったと言える。
実際にこの時期には、他にもカリフォルニア大学バークレー校のBerkeley Software DistributionもBSD系UNIXの80386への移植・実装(386BSD、のちのFreeBSDおよびNetBSD)を開始していた。市場において、マルチプロセスやメモリ保護・仮想CPUなど、近代的な32bit OSの実装が可能となる機能を搭載した安価な32bitパーソナルコンピュータが普及を開始し、UNIXが自らのコンピュータで動くものとなる可能性があったことが、こうした広義のPC-UNIXの移植や開発をスタートさせた主な要因であり、Linuxもまたそれらの現象のうちの1つだった。
その後、Linux Kernel Mailing List (LKML) が開発に使われ、改良に参加する一般有志はそこに集まることになった。PC-UNIXの隆盛など社会的な注目が高まる中、1997年ごろより商用目的への応用が注目され、ハイエンドシステムに必要な機能が付け加えられていく。ReiserFS、ext3に代表されるジャーナルファイルシステム、64bitファイルアクセス、非同期I/Oファイルアクセス、効率的なマルチプロセッサの利用などである。
2000年頃より、IBM、ヒューレット・パッカード、SGI、インテルなどの企業にフルタイムで雇用されたプログラマも開発に加わるようになり、開発スピードにはずみが付いた。このように、多くの人々の協力によってソフトウェアが開発されうるということは、それまでのプロプライエタリなソフトウェア開発の常識では考えられないことであり、エリック・レイモンドは、Linuxの開発を分析し、「伽藍とバザール」を著した。
2005年時点では、小~中規模のホストコンピュータ用OSとして、機能的には商用UNIXと比較しても遜色のない域に達している。主に各種ネットワーク系サーバ(ウェブサーバ、データサーバなど)の、小~中規模ネットワークにおけるサーバOSとして利用される例が一般的であり、また安価なPCやブレードサーバ等を束ねるクラスタ環境としても応用されている。
その一方で小規模な情報機器への組み込みOS環境としても普及しており、プリントサーバやストレージサーバ、ネットワークカメラやルータ等にも応用され、一部のPDAや携帯電話端末などの、小型情報端末の組み込みOSとしても普及している。
概して、一般消費者やオペレータの目に直接触れるフロントエンド環境としてよりも、インフラを担う「縁の下の力持ち」として応用される例が多い。
逆に、パーソナルコンピュータ市場におけるデスクトップ環境としては、普及率においてMicrosoft Windowsの圧倒的なシェアを覆すには程遠く、もっぱら安価なUNIX互換ワークステーションとして、それらの環境を必要とするユーザーの間で利用されるに留まっている。
Linuxは学校教育の場でも用いられる。採用例は初等教育の段階から見られるが、特に大学では理数系・理工系分野での採用が顕著であり、その背景としてはUNIX系環境向けの極めて充実した理数系・工学系向けアプリケーションやツール環境の存在と、長年に渡るそれらの利用実績と知見・経験の蓄積とがある。より広範な一般教養のカリキュラムの中で使用されることもあるが、こちらは多くの学生が大学進学以前から既にWindowsに慣れ親しんでいるため、一般に受けが悪いとされる。しかし小中学生などを対象にした調査では、小学生の90%以上がLinuxは簡単と答えており、若い年齢ほどLinuxへの抵抗はないため初等教育からの採用が重要である[2]。教育用に特化したディストリビューションとして、gnuLinExやSkolelinux、Edubuntuなどがある。2009年10月14日には大阪府箕面市が、Edubuntuのインストールされた中古パソコン500台を利用してシンクライアントシステムを構築することを発表した[3]。
最近では、オフィススイートであるOpenOffice.orgなど商用のソフトウェアにも劣らないフリーソフトウェアや、Windowsなど既存のオペレーティングシステムを意識したLinuxディストリビューションの登場により、エンドユーザー用のデスクトップ環境としての状況は改善されつつある。こうした状況を受けて国内外で一部の自治体がLinuxを搭載したデスクトップPCを導入する動きが見られる。他方で一般に販売されているソフトウェアの多数においては、Linux上で十分に代替しうる製品が存在しないこと、サポートの問題等によりハードウェアの動作保障が不十分なことから、家庭向けのPCとしての導入は進んでいない。
日本でも近年、導入・維持コストの低さと、Windows現行版の作動しない旧式PCでも使用できる動作の軽さを買って、官公庁や自治体などで導入を検討する動きがある。これに対して、現場のPC環境変更にかかる苦労や工数、データ互換性の問題などを考慮せずに「無料だから」と安易にトップダウンで切り換える事を憂慮する意見もあるものの、最近ではLinuxを導入する企業も増えてきている。海外では公的な機関が相次いでLinuxの導入や推奨を決めており、Linuxの導入の流れは確実に強まりつつあるとする主張や指摘もある。
Linuxカーネルはフリーソフトウエアとして開発が行われており、世界中のプログラマや企業により改良され、発展し、世界的に利用されるOSとなった。この様にソースコードを簡単に変更できてデバイスに対応しやすいことは、Linuxが組み込みOSとして広く使われる理由の一つとなっている。
現在主流となっているカーネルVersion 2.x系列におけるマスコットキャラクターは、リーナス・トーバルズの嗜好を汲んでタックスと名付けられたペンギンが選ばれている。なお、カーネルVersion 1.xのマスコットキャラクターはカモノハシだった。一部にカモメだという誤解も見られるが、カモメはSLS及びSlackwareの日本語拡張キットJE(Japanese Extension)のマスコットである。



サーバー 歴史


弊社は最適なITインフラ構成を提案し、お客様のサーバ構築を成功へとナビゲートします。
ファイアウォール構築、セキュリティ対策を含めたトータルなITインフラを提案し、
導入前のアセスメントサービスからプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

●サービス●
■サーバの構築
お客様の環境に応じたサーバを構築いたします。また、サーバ導入やレイアウト変更などで
発生する設置・移設、及びサーバ環境の再設定作業を代行いたします。

■ファイアウォール構築
社内ネットワークへの不正侵入や破壊行為、WEB、DNS、FTPサーバなど外部公開サーバの防御など、
お客様のニーズに合ったセキュリティシステムの構築を支援いたします。

■コンピュータウィルス対策システム構築
お客様のネットワークシステムへのウィルスの侵入や感染を防ぐウィルス対策システムの導入を支援いたします。

■365日24時間の監視支援
ビジネスシーンにおいて必要不可欠となったWWWシステム。365日・24時間のネットワーク・サーバ監視・管理をいたします。


構築サービスでは基幹系システムや、ミッションクリティカルな金融系システムなどの構築で培ったノウハウを元に、
お客様にご安心頂ける仮想化構築をご提供しております。

柔軟かつ動的なIT環境を構築し、お客様の経営のスピードアップと品質の向上に貢献いたします。

ビジネスのスピードは日々加速していますが、必要なタイミングでの適任なサーバ技術者の確保は依然困難です。
弊社は経験豊富なサーバ技術者を必要なタイミングでご提案しお客様のビジネスを強力に支援します。



- 実績一覧 -
●WEBシステム移行
■内容 - Linux導入・設計・構築、HACMP導入・設計・構築、bindによるDNSサーバ構築
■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
■期間 - 2008/1 ~ 2008/7

●金融機関サーバ設計、構築
■環境 - Linux導入・設計・構築、MQ設計・導入・構築、oracle設計・導入・構築
■工程 - 要件定義,設計,構築
■期間 - 2008/4 ~ 2008/10
サーバー 歴史


かつてない厳しい経営環境の中で、企業は顧客満足度の向上、コストダウン、生産性の向上など、
自社のビジネス価値を向上するための手段を次々と講じていかなければなりません。
弊社は、最新のサーバ構築技術を活用してそうしたチャレンジを実践しようとするお客様のビジネスを強力にバックアップしてます。


- 弊社所属インフラ(サーバ)技術者 -
33歳 男性
|スキル|
技術面(インフラ設計、構築、導入、管理、DBA)、ポジション(リーダー)
フェーズ(上流、下流 両方可能)、業種(流通、金融、物流、製造....)
|対応案件実績|
・コンサルティング(要件定義~パラメータ設計書)、インフラ構築(要件定義~パラメータ設計書)
 DBA(要件定義~パラメータ設計書)

34歳 男性(SE)
|スキル|
 上流での基本設計からお客様の要望を答えるための技術があり
 またリーダーも長くやっており、開発から運用まで幅広く対応可能
|対応案件実績|
・WEBサーバ・メールサーバ・DNSサーバ等の設計・構築
・大手企業のNW構築、障害対応(ASW,ルータ,FWによるLAN,WANの設計、構築および障害対応)
サーバー 歴史


弊社はこれまで培ったサーバ構築、セキュリティ対策、ファイアウォール構築、運用・保守までのノウハウで
お客様のビジネスを支援します。サーバ技術者の確保を検討中でしたらアクロビジョンにご相談ください。


お問い合わせ・資料請求はこちら
会社概要



開発支援
会 社 名株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc)
開発支援
本社所在地〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル 11階   ⇒地図
資 本 金1,000万円
U R LWebサイト : http://www.acrovision.jp/
連 絡 先Tel:03-6661-0912     Fax:03-6661-0913
 特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

池袋センタービル           
池袋センタービル

会社地図
最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線(徒歩4分)

会社ビル


お問い合わせ・資料請求はこちら


過去の対応案件一覧
CMSカスタマイズ
XOOPS、Joomla、Geeklog、Zen Cart等を用いたWebアプリケーション開発
(PHP、Linux、MySQL) [ECサイト]

無料アンケート作成サービスサイト構築
ポイント会員向け アンケートサイト構築 基本設計~結合テスト [環境]Linux,django[言語]python,JavaScript
2008/09~2009/2

障害対応用システムツール開発運用
社内用ネットワーク機器障害対応用既存システムのカスタマイズ・運用・リファクタリング作業
【担当】システム全体のリファクタリング設計・導入・セキュリティ対策調査導入・テスト環境構築・手順書作成・Rubyコーチング・バグ対応等 Linux,Rubyon Rails1.2.6
2008/10~2009/2

インフラ詳細設・構築
詳細設計および構築作業
■OS:Linux/HP-UX
■ミドルウェア:Oracle/JP1 AJS2/VMware/Hulft/Data Protector/Netvault
■オープンソース: Postfix/dovecot/Apache/Nagios/MRTG/HotSanic
2008/07~2009/01

Webシステム(Java)設計・開発業務
Webサービス提供会社のWEBサイト構築プロジェクト,顧客独自の特殊な開発手法に開発を実施。基本設計~テスト,Linux,Java
2008/07~2009/01

WEB負荷分散システムコンサルティング/設計 仮想化
■環境 - VMware,Linux,APサーバ,DB2
■工程 - 要件定義,設計,構築,テスト
■期間 - 2009/1 ~ 2009/5

金融系会社向けITIL導入支援
■環境 - Linux,Oracle
■期間 - 2008/4 ~ 2008/9

twitter連動型掲示板開発
内容:twitterクライアント開発
■環境 - PHP,Linux,MySQL
■期間 - 2010/3 ~ 2010/4

twitter連動型求人サイト開発
内容:twitterクライアント連動アプリケーション開発
■環境 - PHP,Linux,MySQL
■期間 - 2010/3 ~ 2010/4

電子書籍(ebook)向けシステム開発
内容:電子書籍(ebook)向けシステム開発
■環境 - PHP,Linux,MySQL
■期間 - 2010/3 ~ 2010/4



キーワード一覧
Linux Unix系 コンピュータ
オペレーティングシステム カーネル Linuxカーネル
パーソナルコンピュータ 携帯電話 組み込みシステム
メインフレーム 高性能計算 スーパーコンピュータ
概要 GNU X Window System
Linuxディストリビューション Application Programming Interface POSIX
商標 ハッカー デスクトップ環境
"Linux"の読み方 リーナス・トーバルズ 日本Linux協会
GNU/Linux GNU Cライブラリ GNU General Public License
GNU Lesser General Public License GNU/Linuxシステム リチャード・ストールマン
GNU/Linux名称論争 歴史 アセンブリ言語
端末エミュレータ Minix インテル
Intel 80386 CPU PC/AT互換機
ミニコンピュータ ワークステーション GNU Hurd
BSD BSDの子孫 386BSD
FreeBSD NetBSD メーリングリスト
ジャーナリングファイルシステム ヒューレット・パッカード シリコングラフィックス
ソフトウェア エリック・レイモンド 伽藍とバザール
コンピュータネットワーク サーバ Webサーバ
組み込みLinux Microsoft Windows gnuLinEx
Skolelinux Edubuntu シンクライアント
オフィススイート OpenOffice.org フリーソフトウェア
タックス マスコット キャラクター
Linuxカーネル開発初期の遍歴 GNUコンパイラコレクション Linuxディストリビューション
コンパイラ バイナリ システムソフトウェア
tar アーカイブ RPM Package Manager
deb (ファイルフォーマット) パッケージ管理システム インストール
シェル 特殊な利用分野 オープンソース
プロプライエタリ・ソフトウェア Live CD 囲碁
ルーター Samba ネットワークアタッチトストレージ
Network File System Netatalk AppleTalk
ハードディスク・レコーダー カーナビゲーション コンピュータ・クラスター
ユーザーグループ Linuxマシン Linuxクラスター
Linux Standard Base TOMOYO Linux Google Chrome OS
Android Arch Linux CentOS
Debian Gentoo Linux KNOPPIX
Mandriva Linux openSUSE Red Hat Enterprise Linux
Slackware Ubuntu A/UX
AIX Darwin (オペレーティングシステム) DragonFly BSD
HP-UX IRIX Mac OS X
NEXTSTEP OpenBSD OpenSolaris
Plan 9 QNX Research Unix
SCO OpenServer Solaris UNIX System V
Tru64 UNIX XENIX Common Unix Printing System
フリーソフトウェアの定義 AROS Research Operating System ReactOS
Low Level Virtual Machine Python PHP: Hypertext Preprocessor
Perl Java フリーソフトウェア財団
リナックスファウンデーション Mozilla Foundation Open Source Initiative
フリーソフトウェアイニシアティブ オープンソースグループ・ジャパン Apache License
BSDライセンス MIT License Mozilla Public License
デジタル著作権管理 TiVo化 フリーソフトウェア運動
FLOSS Revolution OS
 クリック後キーワードの詳細が表示されます
  Copyright @
Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/acrovisionllc/www/business.acrovision.jp/business/linux/footer.php on line 6
2018 Acrovision All Rights Reserved.

 Flex Ruby iPhone Android Silverlight twitter 電子書籍 Ajax モバゲータウン モバイル ゲーム モバイルゲーム mixiアプリ gree facebook
 Blog CMS SNS WebDesign SaaS Flash オフショア BPO ECサイト