日本における投資信託の歩み 投資信託系システム開発支援 Investment Trust/金融/設計/構築/受託/請負/常駐/人材/派遣/パートナー/協力会社

投資信託 日本における投資信託の歩み投資信託 日本における投資信託の歩み
電話でのお問合せ:03-6661-0912 

投資信託 日本における投資信託の歩み
投資信託 日本における投資信託の歩み

数多くの投資信託系システムの開発経験で培った技術を用いて、精度の高い確かな技術で対応をいたします。より高度な開発スキルとノウハウを駆使し、品質の高いアプリケーションを効率よく開発いたします。

金融機関をとりまく環境が激変する中、金融機関の情報システムは顧客のニーズ、経営戦略に応じて迅速、柔軟に変化できなくてはなりません。さまざまな金融情報システム構築・運用の経験を通じて得たノウハウ、最新のプラットフォームと開発手法そして万全のサポート体制で、柔軟で高度な安全性、安定性をもった情報システムを提供して金融機関の発展をお手伝いします。

弊社はで業務分析を含めたトータルなご提案をし、導入前のアセスメントサービスからシステム構築のプランニング、検証・構築、保守サポートまで一貫した支援をいたします。

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高い投資信託系システムを効率よく構築いたします。

キーワード:

日本における投資信託の歩み


日本においては、証券投資信託法が1951 年に施行された。株式投信で始まった投資信託は、日本の経済成長とともに浮き沈みを繰り返しながら、成長してきた。昭和30年代には好景気を背景に、銀行預金よりはるかに高収益を得られたことから、株式投信が人気を呼び、投信の購入増加が株式の需要を喚起し、株価の上昇をもたらすという循環がみられた。 1961年には公社債投信が発売され、株式や株式投信に距離をおいていた人たちにも購入層が広がった。当時、ある証券会社の支店に掲げられたセールストークが有名な「銀行よサヨウナラ証券よコンニチハ」であった[要出典]。 その後証券会社は、支店網が少ない中、一ヶ月据え置き後出し入れ自由(正確には30日未満の解約には信託財産留保金が必要)、銀行預金を上回る実質金利で一ヶ月複利などの商品性を持つことから人気商品となった中期国債ファンドといった預金類似商品の開発などにより投資信託の大衆化を図った。 その後、バブル期には株式投信が著しく増加を示し、1989年には58兆円(公社債投信含む)に上った。しかしながら、バブル崩壊、その後の金融不安、低成長が続く中、株式投信は運用難で基準価額は低迷し、多くの投資家が損失をこうむった。1991年頃から公社債投信がじわりと増加し始めた。さらにゼロ金利政策で預貯金ではきわめてわずかの利息収入しか得られないこと、2002年の定期性預金についてのペイオフ解禁、2005年の全面解禁により大口預金者の金融資産の見直しの動きが広がり、預金者も少々のリスクは取っても少しでも高い収益を得たいという心理から、投資信託が注目されるようになった。 投資信託の選択の難しさは、評価会社へのニーズにつながり、1996年には藤沢久美によって日本初の投資信託評価会社(アイフィス(1999年にスタンダード&プアーズ社に売却))が設立される。 従来、投資信託は、リスク商品の取り扱いを禁じられていた銀行や生命保険会社では販売が認められず、事実上証券会社の専売特許であった。その後、金融ビッグバンの流れで、最初期の1997年に系列の証券会社や投信運用会社が銀行の一部スペースを借りて販売窓口となる形(店舗貸し方式)で投資信託の販売が解禁された。 1998年12月から銀行窓口での投資信託販売が解禁された。これを皮切りに、銀行や生命保険・損害保険会社、信用金庫、信用組合、農業協同組合、郵便局などが参入し、販売競争が激化している。ただ、投資信託ではないが商品性が投資信託に似た商品(変額保険・変額年金保険など)を扱う日本生命のように、投信販売の取り扱いを中止する企業も現れている。 これら金融機関が加わったことによって販売窓口が一気に増加し、また商品は魅力的だが証券会社は入りにくい、株式等を勧誘されるのではないかと思っていた人たちにとっても、近くの金融機関で取り扱っていることから、買いやすくなったとされる[誰?]。また、証券会社以外の金融機関にとっても手数料が入るため、手数料ビジネスの観点からも投資信託の販売を推進している[要出典]。 現在、多額の金融資産を有しているのは預貯金を中心に運用していた60歳以上の人々である[要出典]。こうした資金を取り込むため、年金が主たる収入であるという生活設計に配慮し、外国債券や不動産投資信託などに分散投資することによって安全性にある程度留意しつつ、毎月ないしは年金の受け取り月以外の月に分配のある商品も開発されている。これらの商品は投資信託の純資産残高の上位にランキングされている(2006年7月の純資産増加ランキングのうち、毎月分配型が8本、年6回配当型が2本入っている)。



投資信託 日本における投資信託の歩み

どんなに有望な金融サービスも、システムの安定なくしては力を発揮できません。
数多くの投資信託系システム開発の経験で培った技術を用いて、安定的で過不足のないシステムをご提案いたします。
弊社は最適な金融システムを提案し、お客様のシステム構築を成功へとナビゲートします。

■開発一覧■
●銀行系システム
預金・為替システム、資金証券システム、海外店システム、口座振替システム、外国為替システム、融資・住宅ローンシステム、顧客情報システム、経営情報システム、営業店支援システム、ネットバンキングシステム

●証券系システム
確定拠出型年金(日本版401k)システム、証券管理システム、株式システム、投資信託系システム、債券システム、CFDシステム、資産管理システム、リスク管理システム、顧客情報システム、経営情報システム、マーケット分析システム、コールセンターシステム、オンライントレードシステム、ディーリングシステム

●保険系システム
契約業務システム、個人保険システム、団体保険システム、資産運用システム、企業年金システム、保険料回収システム、保険料率計算システム、自動車保険統計システム

●消費者金融システム

●クレジット金融システム

●各種カード決済システム


弊社は基幹系システムや、ミッションクリティカルな金融系システムなどの構築で培ったノウハウを元に、お客様にご安心頂けるデータベース構築をご提供しております。

柔軟かつ動的なIT環境を構築し、お客様の経営のスピードアップと品質の向上に貢献いたします。

ビジネスのスピードは日々加速していますが、必要なタイミングでの適任な金融系技術者の確保は依然困難です。
弊社は経験豊富な金融系技術者をご提案しお客様のビジネスを強力に支援します。

投資信託 日本における投資信託の歩み
投資信託 日本における投資信託の歩み



数多くの投資信託系システムの開発経験で培った技術を用いて、確かなサービスを提供いたします。

- 実績一覧 -
●大手証券会社向けインターネットトレーディングシステム開発
■内容 - インターネットトレーディングシステム要件定義、設計、開発。トレーディングツール開発
■環境 - JAVA,C++,Oracle,Linux
■工程 - 要件定義,設計,構築
■期間 - 2008/8 ~ 2009/5

●金融機関向けデータベース構築、パフォーマンスチューニング
■内容 - DBA(管理ツール開発、性能監視、パフォーマンスチューニング、バージョンアップ)
■環境 - AIX,ksh,awk,PL/SQL,Oracle
■工程 - 調査分析,要件定義,設計,構築,テスト
■期間 - 2008/2 ~ 2008/7

●大手証券会社向け証券システム開発
■内容 - DBA(運用管理、パフォーマンス計測、パフォーマンスチューニング、社内ツール改良)
■環境 - JAVA,Oracle
■工程 - 要件定義,設計,構築
■期間 - 2007/1 ~ 2008/10


かつてない厳しい経営環境の中で、企業は顧客満足度の向上、コストダウン、生産性の向上など、自社のビジネス価値を向上するための手段を次々と講じていかなければなりません。
弊社は、最新のシステム構築技術を活用してそうしたチャレンジを実践しようとする
お客様のビジネスを強力にバックアップしてます。

- 弊社所属金融系技術者 -
34歳 男性
|スキル|
技術面 - 金融投資信託業務に関しては多くプロジェクトに参画。
開発に関しましてはJavaの経験年数が長く、開発のスピードと質の高さは高い評価をいただいている。
|対応案件実績|
●外国為替ディーリングシステム開発
■内容 - オプションシステムをMurexに統合する対応
■技術 - UNIX,VBA,Murex
●ディーリングシステム新規開発プロジェクト
■内容 - 各種取引画面の設計、構築、テスト
■技術 - C言語,Pro-C,Oracle,Unix

34歳 男性(SE)
|スキル|
上流工程~製造全般まで対応可能、要員管理を含めたリーダー経験も多数有ります。
|対応案件実績|
●金融系会社向けシステム機能改修対応
■内容 - 現行分析、DB性能改善(移行計画、バッチキャパシティプランニング)
■技術 - Oracle9i 10g, shell,Solaris
●クレジットカード会社の基幹システムの開発
■内容 - 画面系の設計、開発、テスト
■技術 - Java/Struts,WebSphere
投資信託 日本における投資信託の歩み


弊社では、投資信託系システムの設計・開発、そして運用など、幅広く投資信託に関わるソリューションを提供しています。
また、投資信託系システム開発技術者の常駐対応要員のご提案も致します。
投資信託系システム開発をご検討中でしたらアクロビジョンにご相談ください。



お問い合わせ・資料請求はこちら
会社概要




開発支援
会 社 名株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc)
開発支援
本社所在地〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル 11階   ⇒地図
資 本 金1,000万円
U R LWebサイト : http://www.acrovision.jp/
連 絡 先Tel:03-6661-0912     Fax:03-6661-0913
 特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

池袋センタービル           
池袋センタービル

会社地図
最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線(徒歩4分)

会社ビル


お問い合わせ・資料請求はこちら


過去の対応案件一覧
資産運用会社向けWebマーケティングコンサルティング、システム設計・開発[金融][ECサイト]
(JAVA・PHP・WebSphere[アプリケーションサーバー]、SQLServer)

証券会社向けインフラ増強[金融]
(Unix、シェル、JP1)

保険料試算ツールの修正・新規開発[金融]
火災保険料試算ツール(普通火災・店舗総合・工場物件)の修正、新規作成
・工場物件分試算ロジックの追加、修正
・普通火災・店舗総合分試算ツールの新規作成
・VBAによるテストデータ読み込み、試算結果・コンペア用データ出力ツール作成
2009/05~2009/09

銀行向け基幹システム(融資)[金融]
要件定義~,Java,銀行案件経験者,フレームワーク
2008/06~2009/02

大手証券会社向けシステム移管支援 汎用[金融]
■環境 - UNISYS,COBOL,階層型DB
■工程 - 基本設計,詳細設計,開発
■期間 - 2008/8 ~ 2009/5

保険業向け導入済みシステムの改善 汎用[金融]
■内容 - システム分散化に伴うデータ移行プログラムの設計・開発
■環境 - 富士通・XSP,COBOL/RDB2,AIM-DB
■工程 - 設計,開発,テスト
■期間 - 2008/2 ~ 2008/7

証券会社プロジェクトリスク管理システム Flex3[金融]
■内容 - クライアントを主に担当
■環境 - Flex3,Action Script3.0,C#,C,Oracle10g
■工程 - 調査・分析~運用・テスト

3Dアプリケーション開発
内容:金融系3Dアプリケーション開発
■環境 - Flash
■期間 - 2009/6 ~ 2009/11



キーワード一覧
投資信託 株式 債券
デリバティブ 不動産 投資
金融商品 投資ファンド 投資信託及び投資法人に関する法律
投資信託 (法律) パートナーシップ 投資法人
上場投資信託 REIT 概説
普通預金 定期預金 リスク
ペイオフ (預金保護) 利子 ゼロ金利政策
経済学 標準偏差 ウェブサイト
有価証券のペーパーレス化 金融機関によるセールストークとその背景 ペイオフ
インフレーション ノーロードファンド 利点
銘柄 景気後退 分散投資
単位株 応募期間による分類 SPVの形態による分類
SPV 信託 株式会社
法人 投資法人 投資家が自由に償還を求めることの可否による分類
運用期間による分類 運用方法による分類 アクティブファンド
投資対象による分類 公社債投資信託 中期国債ファンド
マネー・マネージメント・ファンド マネー・リザーブ・ファンド 株式投資信託
転換社債型新株予約権付社債 インデックスファンド ファンド・オブ・ファンズ
REIT ご当地ファンド 収益分配方式による分類
毎月分配型投資信託 経済分析方法 投信法上の分類
有価証券 投資信託にかかるコスト 分配金
普通分配金 特別分配金 受益権の再分割
日本における投資信託の歩み 銀行 生命保険
証券会社 金融ビッグバン 損害保険
信用金庫 農業協同組合 郵便局
変額保険 年金保険 日本生命保険
 クリック後キーワードの詳細が表示されます

  Copyright @
Warning: date(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone 'UTC' for now, but please set date.timezone to select your timezone. in /home/acrovisionllc/www/business.acrovision.jp/business/investment/footer.php on line 6
2018 Acrovision All Rights Reserved.

 Flex Ruby iPhone Android Silverlight twitter 電子書籍 Ajax モバゲータウン モバイル ゲーム モバイルゲーム mixiアプリ gree facebook
 Blog CMS SNS WebDesign SaaS Flash オフショア BPO ECサイト