GPSアプリ開発支援|経験豊富な技術者がアプリ開発を強力に支援

スマートフォン(iPhone、Android)を利用し、

アイデア1つで大きなビジネスへ

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

gps

スマートフォン(iPhone、Android)でGPSを利用したビジネス

スマートフォン(iPhone、Android)でGPSを活用したビジネスが有効な理由は、以下に挙げられます。

・アプリ開発が容易なため、アイデア1つで大きなビジネスチャンスを掴む事が出来る。
GPS専用のAPIが用意されているため、簡単なコードを書くだけでGPSを利用出来、位置情報を取得出来ます。
また、そのAPIは無料で公開されているため、特に費用が掛かる事もありません。
そのため、アイデア1つで大きなビジネスチャンスを得ることが出来るのです。

・「リアル世界の位置情報を割り出す」という手段を用いて、リアル世界に連動させる事が出来る。
GPSの特徴は、端末保持者の位置情報を計測出来ることにあり、リアルな世界と連動しているところにあります。
それを利用して、例えば、リアル店舗への集客に繋げるプロモーションツールとして活用出来ます。
他には、男女の「出会い」などにも活用出来ます。

 キーワード:航空分野

GPSやGLONASSなどの位置情報を航空機にも使用することが促進されている。
従来の航空機航法は、VOR・DMEなどの地上航法支援施設を用い、いわば電波の灯台への方位・距離を測定して現在位置を知る方法だった。これに対し、衛星が4個以上見えていればある程度の精度で絶対位置がわかるGPSは、航空機向けの測位方式であるとも言える。
しかしながらGPS信号をそのまま航空航法に使用するには、測位の安全性・信頼性・精度等に問題がある。具体的には、低高度、特に精度がもっとも必要とされる着陸寸前の地形による遮蔽・マルチパス、機体の姿勢変更に伴いロックした衛星(測位に用いている衛星)が変化すること、一般にGPSによる測位では航空機にとって重要な高度方向の精度が緯度・経度方向の精度より低いこと(ただしこれは計算方法にもよる)、ジェット機などは高速移動するためドップラーシフト・衛星コンステレーションの時間的変化が無視できないこと、などである。
ただし、大型機ではINS(慣性航法装置)や従来の測位方式などと併用すること、小型機ではVFR(有視界飛行方式)が主であることなどから、実際の運用では(制度上認められていない)機長判断の参考として用いられている場合が多かった。
こういった流れを受けて、また近年では航空機運航の高密度化により定められた航空路以外の経路を飛ぶための一手段として、GPS情報を航法に利用することが国際民間航空機関(ICAO)や国土交通省航空局(JCAB)でも検討されてきた。その成果として日本では、一部の空港の離着陸手順においてRNAV (GPS)航法の実施が2007年9月27日より開始された[2]。航空機はウェイポイントとよばれる架空の点を結ぶ線を経路とするように飛行する。従来のVOR/DME航法では、VOR/DMEの位置、あるいは1つまたは2つのVOR/DMEから一定の方位角・距離にある架空の点をウェイポイントとしていた。これに対しRNAV航法では、地上施設に拠らない自由な点をウェイポイントとして定めることができるため、飛行経路の短縮による運航時間の短縮、燃費の節約などが見込まれる。
航空機での精度向上を一次目的とした、静止衛星型衛星航法補強システム (SBAS: Satellite Based Augmentation System) の運用が以下の各国で開始され、あるいは計画されている。
* 米国: WAAS(Wide Area Augmentation System)
* 欧州: EGNOS(European Geostationary Navigation Overlay Service)
* 日本: MSAS(MTSAT-based Satellite Augmentation System)
* インド: GAGAN
* 中国: CNSS(Compass Navigation Satellite System)
SBASでは、GPS衛星の補正情報(特に高度情報の補正)や信頼性情報を送信し、またSBAS衛星自体も測位のためのひとつの衛星として働く。さらにSBAS衛星は静止軌道にあるため、中~低緯度地方では天頂に近い高仰角でみえているのも有利な点である (北緯35度では仰角55度)。航空以外の分野でも、例えばビル街でのカーナビの精度向上にも役立つと考えられている。SBASを補助情報として用いることができるGPS受信機はすでにSBAS対応(WAAS対応)受信機として広く普及し始めている。
日本のMSASについては、航空機でのRNAV運用に伴い、2007年9月27日から試験信号フラグ(MT0)が運用モード(MT2)となり、正式に供用開始となった。ただし初期のWAAS対応機など一部のSBAS対応受信機では、MSASの衛星番号を設定・処理できないため測位に利用できないものがある。


 航空分野

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧