GPSアプリ開発支援|経験豊富な技術者がアプリ開発を強力に支援

スマートフォン(iPhone、Android)を利用し、

アイデア1つで大きなビジネスへ

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

gps

スマートフォン(iPhone、Android)でGPSを利用したビジネス

スマートフォン(iPhone、Android)でGPSを活用したビジネスが有効な理由は、以下に挙げられます。

・アプリ開発が容易なため、アイデア1つで大きなビジネスチャンスを掴む事が出来る。
GPS専用のAPIが用意されているため、簡単なコードを書くだけでGPSを利用出来、位置情報を取得出来ます。
また、そのAPIは無料で公開されているため、特に費用が掛かる事もありません。
そのため、アイデア1つで大きなビジネスチャンスを得ることが出来るのです。

・「リアル世界の位置情報を割り出す」という手段を用いて、リアル世界に連動させる事が出来る。
GPSの特徴は、端末保持者の位置情報を計測出来ることにあり、リアルな世界と連動しているところにあります。
それを利用して、例えば、リアル店舗への集客に繋げるプロモーションツールとして活用出来ます。
他には、男女の「出会い」などにも活用出来ます。

 キーワード:個人携帯用

携帯電話にGPSを組み合わせた製品も出現している。この種の製品では、地図情報・GIS情報をサーバ側にもつことにより詳細な地図を提供したり付加サービス(例えば最寄の料理店を検索し電話を掛けて予約する)の可能性が拡がっている。また情報を送信できないGPSと送受信機である携帯電話を組み合わせ、セキュリティ(児童誘拐や徘徊老人対策等)への応用も拡がっている。
さらに位置情報を併用したメッセージ交換システムも登場している。携帯端末利用者が、ある地点に特有の情報 (例えば地理的な注意喚起、お店の感想、写真など) を残し、後から来たひとが検索・表示できるものがある。また検索を時刻で制約することで地点・時刻に特有な情報 (例えば天候や交通機関の遅れ状態など) を参照することもできる。GPSで測位しつづけたトラッキング情報は、前記のように登山などの記録のため自己のみが参照できる・セキュリティのため限られたひとが参照できるのが普通であったが、最近ではあるコミュニティ(または完全にオープン)の中で自分の位置情報を配信し続けることができるサービスがある。これを利用すると仲間の行動が把握できたりするが、プライバシ漏洩防止の観点からは十分に注意しなければならない。これらのメッセージ交換システムは、あくまでもGPSで測位した地点と補助情報を (地理的に関係ない位置にある) サーバに蓄積し参照するものであるが、うまく作られている場合はあたかも地点にメッセージが結びついているかのように利用できるのが面白い。
携帯電話との組み合わせならではの技術として、空が開けていない場所でも携帯電話の基地局の位置情報を補助情報として利用する方式があげられる。 これは、基地局の既知の位置と、GPSから計算される位置を比較することで得られる誤差情報を基地局から携帯電話に送ることで、携帯電話の位置誤差を小さく出来るA-GPSと呼ばれる技術である。ちなみに、GPSチップ・携帯電話搭載のプロセッサの能力が低かった時代は、位置計算が高速でできない携帯電話のために、測距情報をホストに送り、緯度・経度・高度情報を携帯端末に送り返してもらうというシステムも存在した (現在はワンチップ型のGPSチップの中で位置計算まで完了できるのでこの種のサービスはない)。
登山用・単体モジュールを問わず、NMEA信号を出力することができるGPS受信機は、プロ用一眼レフカメラなどと連動し、撮影記録を自動的に残すためにも使われている。対応機をGPS受信機と組み合わせれば、JPEG画像ファイルなどのExifフィールドに自動的に撮影地の緯度・経度・時刻などが記録される仕組みである。単体のコンパクトデジタルカメラ、GPSとカメラ双方を内蔵したスマートフォンでもこれが可能なものが出現している。
その他、ラップトップ型のPCやPDA、携帯ゲーム機をカーナビとして使えるようにするGPSユニットとソフトも発売されている。なお単体のGPSユニットは(電源内蔵でない場合、本体から電源を供給されなければ動作しないが)、測位等はすべてユニット内で完結しており、NMEAなどの標準フォーマットで緯度・経度その他の情報を送り出すものが多い。PCや PDA本体ではこれを受信し、地図ソフトなどと組み合わせてカーナビ同様に使ったり、トラックの記録をすることができる。PCやPDAの接続も、かつてはRS-232C (シリアル) 接続やPCMCIA (PCカード)・CFカード規格が多かったが、現在はBluetoothで測位情報を本体に転送するものもある。


 個人携帯用

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧