グローバライズ準拠のシステム開発・運用・保守

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

グローバライズ

アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

人気が出たアプリやモバイルゲーム、もっとたくさんの人たちに楽しんでもらいませんか?

アクロビジョンが提案するこれからのモバイルアプリ・ゲームの新しい形は、グローバル化・マルチプラットフォームです。自慢のアプリを世界に広めたい、あらゆるコミュニティに広めたい、そんなアプリ&モバイルゲームをお持ちの方、または作りたい方、アクロビジョンが必ずお役に立ってみせます!

Keyword:Western theory

Discussions of the theory and practice of translation reach back into antiquity and show remarkable continuities. The ancient Greeks distinguished between metaphrase (literal translation) and paraphrase. This distinction was adopted by English poet and translator John Dryden (1631–1700), who described translation as the judicious blending of these two modes of phrasing when selecting, in the target language, ""counterparts,"" or equivalents, for the expressions used in the source language:
When [words] appear . . . literally graceful, it were an injury to the author that they should be changed. But since... what is beautiful in one [language] is often barbarous, nay sometimes nonsense, in another, it would be unreasonable to limit a translator to the narrow compass of his author's words: \’tis enough if he choose out some expression which does not vitiate the sense.[7]
Dryden cautioned, however, against the license of ""imitation"", i.e., of adapted translation: “When a painter copies from the life... he has no privilege to alter features and lineaments...""[8]
This general formulation of the central concept of translation — equivalence — is as adequate as any that has been proposed since Cicero and Horace, who, in 1st-century-BCE Rome, famously and literally cautioned against translating ""word for word"" (verbum pro verbo).[8]
Despite occasional theoretical diversity, the actual practice of translation has hardly changed since antiquity. Except for some extreme metaphrasers in the early Christian period and the Middle Ages, and adapters in various periods (especially pre-Classical Rome, and the 18th century), translators have generally shown prudent flexibility in seeking equivalents — ""literal"" where possible, paraphrastic where necessary — for the original meaning and other crucial ""values"" (e.g., style, verse form, concordance with musical accompaniment or, in films, with speech articulatory movements) as determined from context.[8]
In general, translators have sought to preserve the context itself by reproducing the original order of sememes, and hence word order — when necessary, reinterpreting the actual grammatical structure. The grammatical differences between ""fixed-word-order"" languages[11] (e.g. English, French, German) and ""free-word-order"" languages[12] (e.g., Greek, Latin, Polish, Russian) have been no impediment in this regard.[8]
When a target language has lacked terms that are found in a source language, translators have borrowed those terms, thereby enriching the target language. Thanks in great measure to the exchange of calques and loanwords between languages, and to their importation from other languages, there are few concepts that are ""untranslatable"" among the modern European languages.[8][13]
Generally, the greater the contact and exchange that have existed between two languages, or between those languages and a third one, the greater is the ratio of metaphrase to paraphrase that may be used in translating among them. However, due to shifts in ecological niches of words, a common etymology is sometimes misleading as a guide to current meaning in one or the other language. For example, the English actual should not be confused with the cognate French actuel (""present"", ""current""), the Polish aktualny (""present"", ""current,"" ""topical,"" ""timely,"" ""feasible""),[14] the Swedish aktuell (""topical"", ""presently of importance"") or the Russian актуальный (""urgent"", ""topical"").
The translator's role as a bridge for ""carrying across"" values between cultures has been discussed at least since Terence, the 2nd-century-BCE Roman adapter of Greek comedies. The translator's role is, however, by no means a passive, mechanical one, and so has also been compared to that of an artist. The main ground seems to be the concept of parallel creation found in critics such as Cicero. Dryden observed that ""Translation is a type of drawing after life..."" Comparison of the translator with a musician or actor goes back at least to Samuel Johnson’s remark about Alexander Pope playing Homer on a flageolet, while Homer himself used a bassoon.[14]
If translation be an art, it is no easy one. In the 13th century, Roger Bacon wrote that if a translation is to be true, the translator must know both languages, as well as the science that he is to translate; and finding that few translators did, he wanted to do away with translation and translators altogether.[15]
The translator of the Bible into German, Martin Luther, is credited with being the first European to posit that one translates satisfactorily only toward his own language. L.G. Kelly states that since Johann Gottfried Herder in the 18th century, ""it has been axiomatic"" that one translates only toward his own language.[16]
Compounding the demands on the translator is the fact that no dictionary or thesaurus can ever be a fully adequate guide in translating. The British historian Alexander Tytler, in his Essay on the Principles of Translation (1790), emphasized that assiduous reading is a more comprehensive guide to a language than are dictionaries. The same point, but also including listening to the spoken language, had earlier, in 1783, been made by the Polish poet and grammarian Onufry Andrzej Kopczyński.[17]
The translator’s special role in society is described in a posthumous 1803 essay by ""Poland's La Fontaine"", the Roman Catholic Primate of Poland, poet, encyclopedist, author of the first Polish novel, and translator from French and Greek, Ignacy Krasicki:
“ [T]ranslation . . . is in fact an art both estimable and very difficult, and therefore is not the labor and portion of common minds; [it] should be [practiced] by those who are themselves capable of being actors, when they see greater use in translating the works of others than in their own works, and hold higher than their own glory the service that they render their country.[18]


アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

グローバライズ

グローバライズ・ローカライズ(日本語→英語・英語→日本語 翻訳)

「自慢のアプリで世界に挑戦したい。世界の優れたアプリ・ゲームを日本で提供したい」
そんなあなたのお役に立てるのがアクロビジョンです。

私たちがお役に立てると断言できる理由は三つもあります。

一つ、ネイティブの翻訳者が、ユーザーの心をつかむキャッチな翻訳をご提供するから。
二つ、ゲームデバッグ専門会社と連携できるので、仕上がりを隅々までキッチリ検証できるから。
三つ、海外コンテンツビジネス市場に精通しているので、勝てる戦略をご提案できるから。

もし、あなたに海外モバイル市場への興味が少しでもおありなら――

「海外市場のニーズがよく解らない」「海外で効果的なマーケティング手法は?」「きちんと英語対応できるスタッフがいない」など、あなたの疑問・質問をぶつけていただくところから、お話しを始めましょう!

なぜなら、アクロビジョンのアプリ&ゲームのグローバライズ・ローカライズは、テキスト翻訳だけを提供するサービスではないからです。海外マーケティングに始まり、翻訳・検証、運用サポートまで一貫したサービスを提供する、そこまでやり遂げて、初めてあなたのお役に立てると信じています!
もちろん、翻訳の方も、アプリの使い方ができる限り簡単に理解できる、ゲームの豊かな世界観が表現できる、確かな仕上がりを心がけています。


携帯アプリ・ゲームを翻訳

グローバライズ

ガラパゴス携帯からスマートフォンに移植

2010年に登場して以来、爆発的にシェアを伸しているスマートフォン。
この先すぐに携帯電話とシェアを逆転するともいわれているスマートフォンで、あなたのアプリ&ゲームの会員数やシェアをもっと増やしてみませんか?

これまで携帯アプリやモバイルゲームで、苦労して集めたユーザーや会員を、間もなく過去の遺物となるであろうガラパゴス携帯といっしょに置き去りには出来ません。スマートフォンには、APIのつなぎ替えなど比較的簡単な開発と翻訳で、あなたのアプリやゲームを海外向けに公開できるという開発環境のメリットまであるのです。

アクロビジョンは、あらゆるキャリアのガラパゴス携帯でアプリやゲームの開発を四年間続け、スマートフォンの誕生直後から『iphone・Androidアプリ』の企画・開発を進めてきました。スマートフォン市場のマーケティングから動作検証、運用サポートまで、かゆいところに手が届くサービスをお約束します!


脱ガラケー

グローバライズ

プラットフォームを越えて様々なコミュニティに拡大

『mixi』や『Facebook』など様々なSNSが成功を収め、それぞれ数多くのユーザーを抱えている現在、あなたはご自分のアプリやゲームを、どれかひとつだけのコミュニティに提供していて満足でしょうか?

「自分たちのアプリやゲームを楽しんでもらえるコミュニティは他にもあるはずだ!」と、すぐに気付いた賢いあなたのお役に立つのがアクロビジョンです。

これまで『mixi』や『Gree』で提供していたガラパゴス携帯向けサービスをスマートフォン化。さらに『iphone』『Android』アプリに移植しましょう。さらに私たちに翻訳作業を任せてもらえれば――
『Facebook』を筆頭にした会員数が数千万人規模を誇る超巨大なコミュニティに、あなたのアプリやゲームを拡げていくことが出来るんです!
もし、あなたにスマートフォンや海外SNSについて少しでも興味があれば、ぜひ、あなたの希望やプランを聴かせてください。


海外の巨大コミュニティ(SNS)を狙え

開発実績、技術者

開発実績

グローバライズ・ローカライズプロジェクト経験で培った技術を用いて、確かなサービスを提供いたします。

  • ●Facebookアプリからmixiアプリへのローカライズ
  • ■環境 - PHP,Linux,MySQL,AmazonEC2
  • ■期間 - 2カ月間
  • ●スマートフォンアプリ 日本語版を基に英語版の開発
  • ■環境 - iPhone,Objective-C
  • ■期間 - 1カ月間

弊社所属のグローバライズ・ローカライズ対応技術者

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いアプリを開発いたします。

  • 31歳
  • |対応案件実績|
  • ソーシャルアプリのグローバライズ・ローカライズ
  • 27歳
  • |対応案件実績|
  • スマートフォンアプリのグローバライズ・ローカライズ

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧