グローバライズ準拠のシステム開発・運用・保守

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

グローバライズ

アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

人気が出たアプリやモバイルゲーム、もっとたくさんの人たちに楽しんでもらいませんか?

アクロビジョンが提案するこれからのモバイルアプリ・ゲームの新しい形は、グローバル化・マルチプラットフォームです。自慢のアプリを世界に広めたい、あらゆるコミュニティに広めたい、そんなアプリ&モバイルゲームをお持ちの方、または作りたい方、アクロビジョンが必ずお役に立ってみせます!

Keyword:Crest (heraldry)

A crest is a component of an heraldic display, so called because it stands on top of a helmet, as the crest of a jay stands on the bird's head.
The earliest heraldic crests were apparently painted on metal fans, and usually repeated the coat of arms painted on the shield, a practice which was later discontinued. Later they were sculpted of leather and other materials.
Originally, the crest was often ""continued into the mantling"", but today the crest normally stands within a wreath of cloth, called a torse, in the principal tinctures of the shield (the liveries). Various kinds of coronet may take the place of the torse, though in some unusual circumstances the coronet sits atop a torse, and is either defined as all or part of a crest.[1] The most frequent crest-coronet is a simplified form of a ducal coronet, with four leaves rather than eight. Towns often have a mural crown, i.e. a coronet in the form of embattled stone walls.
Objects frequently borne as crests include animals, especially lions, normally showing only the fore half; human figures, likewise often from the waist up; hands or arms holding weapons; bird's wings. In Germany and nearby countries, the crest often repeats the liveries in the form of a tall hat, a fan of plumes in alternating tinctures, or a pair of curving horns. The horns may have a hole in the tip to hold a cluster of plumes or flowers, and because of this have been imported to English heraldry at least once as elephant's trunks.
Crests are not normally borne by women, or clergy, at least not in the UK, because they did not participate in war or tournaments and thus would not have a helm on which to wear it. An exception is the reigning queens of England or Britain, whose armorial display is indistinguishable from that of kings.
Some armigers used their crest as a personal badge, leading to the erroneous use of the word ""crest"" to describe a shield or full coat of arms. Such badges are often used by members of Scottish clans. These Scottish crest badges can be used where clan members, who are not armigerous, wear a badge consisting of a clan chief's crest and motto/slogan encircled by a belt and buckle. These crest badges are often erroneously called ""clan crests"". Even though clan members may purchase and wear such badges, the crest and motto/slogan remain the heraldic property of the clan chief.
There is a widespread misconception, due in part to Victorian stationers' marketing of engraved letterheads, that a crest and a coat of arms belong to everyone with the same family name; but usage by persons not descended from the original grantee constitutes usurpation. Bogus ""family crests"" continue to be sold to the gullible by heraldic ""bucket shops"".


アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

グローバライズ

グローバライズ・ローカライズ(日本語→英語・英語→日本語 翻訳)

「自慢のアプリで世界に挑戦したい。世界の優れたアプリ・ゲームを日本で提供したい」
そんなあなたのお役に立てるのがアクロビジョンです。

私たちがお役に立てると断言できる理由は三つもあります。

一つ、ネイティブの翻訳者が、ユーザーの心をつかむキャッチな翻訳をご提供するから。
二つ、ゲームデバッグ専門会社と連携できるので、仕上がりを隅々までキッチリ検証できるから。
三つ、海外コンテンツビジネス市場に精通しているので、勝てる戦略をご提案できるから。

もし、あなたに海外モバイル市場への興味が少しでもおありなら――

「海外市場のニーズがよく解らない」「海外で効果的なマーケティング手法は?」「きちんと英語対応できるスタッフがいない」など、あなたの疑問・質問をぶつけていただくところから、お話しを始めましょう!

なぜなら、アクロビジョンのアプリ&ゲームのグローバライズ・ローカライズは、テキスト翻訳だけを提供するサービスではないからです。海外マーケティングに始まり、翻訳・検証、運用サポートまで一貫したサービスを提供する、そこまでやり遂げて、初めてあなたのお役に立てると信じています!
もちろん、翻訳の方も、アプリの使い方ができる限り簡単に理解できる、ゲームの豊かな世界観が表現できる、確かな仕上がりを心がけています。


携帯アプリ・ゲームを翻訳

グローバライズ

ガラパゴス携帯からスマートフォンに移植

2010年に登場して以来、爆発的にシェアを伸しているスマートフォン。
この先すぐに携帯電話とシェアを逆転するともいわれているスマートフォンで、あなたのアプリ&ゲームの会員数やシェアをもっと増やしてみませんか?

これまで携帯アプリやモバイルゲームで、苦労して集めたユーザーや会員を、間もなく過去の遺物となるであろうガラパゴス携帯といっしょに置き去りには出来ません。スマートフォンには、APIのつなぎ替えなど比較的簡単な開発と翻訳で、あなたのアプリやゲームを海外向けに公開できるという開発環境のメリットまであるのです。

アクロビジョンは、あらゆるキャリアのガラパゴス携帯でアプリやゲームの開発を四年間続け、スマートフォンの誕生直後から『iphone・Androidアプリ』の企画・開発を進めてきました。スマートフォン市場のマーケティングから動作検証、運用サポートまで、かゆいところに手が届くサービスをお約束します!


脱ガラケー

グローバライズ

プラットフォームを越えて様々なコミュニティに拡大

『mixi』や『Facebook』など様々なSNSが成功を収め、それぞれ数多くのユーザーを抱えている現在、あなたはご自分のアプリやゲームを、どれかひとつだけのコミュニティに提供していて満足でしょうか?

「自分たちのアプリやゲームを楽しんでもらえるコミュニティは他にもあるはずだ!」と、すぐに気付いた賢いあなたのお役に立つのがアクロビジョンです。

これまで『mixi』や『Gree』で提供していたガラパゴス携帯向けサービスをスマートフォン化。さらに『iphone』『Android』アプリに移植しましょう。さらに私たちに翻訳作業を任せてもらえれば――
『Facebook』を筆頭にした会員数が数千万人規模を誇る超巨大なコミュニティに、あなたのアプリやゲームを拡げていくことが出来るんです!
もし、あなたにスマートフォンや海外SNSについて少しでも興味があれば、ぜひ、あなたの希望やプランを聴かせてください。


海外の巨大コミュニティ(SNS)を狙え

開発実績、技術者

開発実績

グローバライズ・ローカライズプロジェクト経験で培った技術を用いて、確かなサービスを提供いたします。

  • ●Facebookアプリからmixiアプリへのローカライズ
  • ■環境 - PHP,Linux,MySQL,AmazonEC2
  • ■期間 - 2カ月間
  • ●スマートフォンアプリ 日本語版を基に英語版の開発
  • ■環境 - iPhone,Objective-C
  • ■期間 - 1カ月間

弊社所属のグローバライズ・ローカライズ対応技術者

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いアプリを開発いたします。

  • 31歳
  • |対応案件実績|
  • ソーシャルアプリのグローバライズ・ローカライズ
  • 27歳
  • |対応案件実績|
  • スマートフォンアプリのグローバライズ・ローカライズ

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧