グローバライズ準拠のシステム開発・運用・保守

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

グローバライズ

アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

人気が出たアプリやモバイルゲーム、もっとたくさんの人たちに楽しんでもらいませんか?

アクロビジョンが提案するこれからのモバイルアプリ・ゲームの新しい形は、グローバル化・マルチプラットフォームです。自慢のアプリを世界に広めたい、あらゆるコミュニティに広めたい、そんなアプリ&モバイルゲームをお持ちの方、または作りたい方、アクロビジョンが必ずお役に立ってみせます!

Keyword:Developing world

A number of international polls have shown that residents of developing countries tend to view globalization more favorably than residents of the US or the EU[138] However, a recent poll undertaken by the BBC indicates that there is a growing feeling in the Third World that globalization is proceeding too rapidly. There are only a few countries, including Mexico, the countries of Central America, Indonesia, Brazil and Kenya, where a majority felt that globalization is growing too slowly.[139]
Many in the Third World see globalization is a positive force that lifts countries out of poverty.[140] The opposition often combines environmental concerns with nationalism. Governments are often seen as agents of neo-colonialism that open the doors to an invasion of multinational corporations.[141] Much of this criticism comes from the established middle class; a report from the Brookings Institute suggests this is because the middle class perceive upwardly-mobile low-income groups to be a threat to their economic security.[142]
Although many critics blame globalization for a decline of the middle class in industrialized countries, a recent report in The Economist suggests that the middle class is growing rapidly in the Third World.[143] Unfortunately, this growth, coupled with growing urbanization, has led to increasing disparities in wealth between urban and rural areas.[144] This leads to a situation where those who have gained the least economically have the most to lose from the negative environmental impact of globalization. For example, in India 70% of the population lives in rural areas and depend directly on access to natural resources for their livelihood.[141] As a result, anti-globalization often takes the form of mass movements in the countryside.[145]
The situation is critical in China, where rapid growth has led to a situation where 0.4% of the population possess 70% of the nation’s wealth.[146] An 2007 article in The Economist blamed increasing unrest in rural China on the growing gap in wealth between rural and urban areas.[147] This, plus growing worker discontent in industrialized areas,.[148] has caused a great deal of concern among the nation's leadership'; $words_desc_tbl[294 ]='Neocolonialism is a term used by post-colonial critics of developed countries' involvement in the developing world. Writings within the theoretical framework of neocolonialism argue that existing or past international economic arrangements created by former colonial powers were or are used to maintain control of their former colonies and dependencies after the colonial independence movements of the post–World War II period. The term neocolonialism can combine a critique of current actual colonialism (where some states continue administrating foreign territories and their populations in violation of United Nations resolutions[1]) and a critique of the involvement of modern capitalist businesses in nations which were former colonies. Critics adherent to neocolonialism contend that multinational corporations continue to exploit the resources of post-colonial states, and that this economic control inherent to neocolonialism is akin to the classical, European colonialism practiced from the 16th to the 20th centuries. In broader usage, neocolonialism may simply refer to the involvement of powerful countries in the affairs of less powerful countries; this is especially relevant in modern Latin America. In this sense, neocolonialism implies a form of contemporary, economic imperialism: that powerful nations behave like colonial powers of imperialism, and that this behavior is likened to colonialism in a post-colonial world.


アプリ・モバイルゲームはグローバル化の時代!

グローバライズ

グローバライズ・ローカライズ(日本語→英語・英語→日本語 翻訳)

「自慢のアプリで世界に挑戦したい。世界の優れたアプリ・ゲームを日本で提供したい」
そんなあなたのお役に立てるのがアクロビジョンです。

私たちがお役に立てると断言できる理由は三つもあります。

一つ、ネイティブの翻訳者が、ユーザーの心をつかむキャッチな翻訳をご提供するから。
二つ、ゲームデバッグ専門会社と連携できるので、仕上がりを隅々までキッチリ検証できるから。
三つ、海外コンテンツビジネス市場に精通しているので、勝てる戦略をご提案できるから。

もし、あなたに海外モバイル市場への興味が少しでもおありなら――

「海外市場のニーズがよく解らない」「海外で効果的なマーケティング手法は?」「きちんと英語対応できるスタッフがいない」など、あなたの疑問・質問をぶつけていただくところから、お話しを始めましょう!

なぜなら、アクロビジョンのアプリ&ゲームのグローバライズ・ローカライズは、テキスト翻訳だけを提供するサービスではないからです。海外マーケティングに始まり、翻訳・検証、運用サポートまで一貫したサービスを提供する、そこまでやり遂げて、初めてあなたのお役に立てると信じています!
もちろん、翻訳の方も、アプリの使い方ができる限り簡単に理解できる、ゲームの豊かな世界観が表現できる、確かな仕上がりを心がけています。


携帯アプリ・ゲームを翻訳

グローバライズ

ガラパゴス携帯からスマートフォンに移植

2010年に登場して以来、爆発的にシェアを伸しているスマートフォン。
この先すぐに携帯電話とシェアを逆転するともいわれているスマートフォンで、あなたのアプリ&ゲームの会員数やシェアをもっと増やしてみませんか?

これまで携帯アプリやモバイルゲームで、苦労して集めたユーザーや会員を、間もなく過去の遺物となるであろうガラパゴス携帯といっしょに置き去りには出来ません。スマートフォンには、APIのつなぎ替えなど比較的簡単な開発と翻訳で、あなたのアプリやゲームを海外向けに公開できるという開発環境のメリットまであるのです。

アクロビジョンは、あらゆるキャリアのガラパゴス携帯でアプリやゲームの開発を四年間続け、スマートフォンの誕生直後から『iphone・Androidアプリ』の企画・開発を進めてきました。スマートフォン市場のマーケティングから動作検証、運用サポートまで、かゆいところに手が届くサービスをお約束します!


脱ガラケー

グローバライズ

プラットフォームを越えて様々なコミュニティに拡大

『mixi』や『Facebook』など様々なSNSが成功を収め、それぞれ数多くのユーザーを抱えている現在、あなたはご自分のアプリやゲームを、どれかひとつだけのコミュニティに提供していて満足でしょうか?

「自分たちのアプリやゲームを楽しんでもらえるコミュニティは他にもあるはずだ!」と、すぐに気付いた賢いあなたのお役に立つのがアクロビジョンです。

これまで『mixi』や『Gree』で提供していたガラパゴス携帯向けサービスをスマートフォン化。さらに『iphone』『Android』アプリに移植しましょう。さらに私たちに翻訳作業を任せてもらえれば――
『Facebook』を筆頭にした会員数が数千万人規模を誇る超巨大なコミュニティに、あなたのアプリやゲームを拡げていくことが出来るんです!
もし、あなたにスマートフォンや海外SNSについて少しでも興味があれば、ぜひ、あなたの希望やプランを聴かせてください。


海外の巨大コミュニティ(SNS)を狙え

開発実績、技術者

開発実績

グローバライズ・ローカライズプロジェクト経験で培った技術を用いて、確かなサービスを提供いたします。

  • ●Facebookアプリからmixiアプリへのローカライズ
  • ■環境 - PHP,Linux,MySQL,AmazonEC2
  • ■期間 - 2カ月間
  • ●スマートフォンアプリ 日本語版を基に英語版の開発
  • ■環境 - iPhone,Objective-C
  • ■期間 - 1カ月間

弊社所属のグローバライズ・ローカライズ対応技術者

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いアプリを開発いたします。

  • 31歳
  • |対応案件実績|
  • ソーシャルアプリのグローバライズ・ローカライズ
  • 27歳
  • |対応案件実績|
  • スマートフォンアプリのグローバライズ・ローカライズ

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧