FXシステム開発支援|経験豊富な技術者がシステム開発を強力に支援

他のFX業者に勝つために、御社のサービスアップに繋がるエンジニアを御提案致します。

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

fx

FX業の競争激化

2010年、FX業者の競争はまだまだ続いています。
競争に勝ち残りそうな業者でも、まだまだ予断を許されない状況です。
過去にはFX業者数が400以上存在していたが、競争やレバレッジ規制などで既にその数は100を切るほどに淘汰が進んでいます。
FX業で勝ち残るには、どうすれば良いか?
幾つかあるでしょうが、サービスの向上は必須条件です。
「手数料無料」「低スプレッド」などのサービスが常識となったこの時期に、どこで他社との差別化を図っていくか?
また、その差別化(サービス)をいかに早く実現していくか?
シンプルではあるが難しい局面が続いています。

 キーワード:特徴

"外国為替証拠金取引には、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴がある。
* 多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、「米ドル(USD)を売ってユーロ(EUR)を買う」といった取引も可能である。
* レバレッジを利用することによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができる。但し、証拠金以上の損失を受けることもある。->追証
* 株式現物取引とは異なり差金決済のため同一通貨を何回でも取引できる。
* 為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差(スプレッド)が他の金融商品に比べて小さい。
* 金利が高い通貨の買いポジション(ロング)の場合の、金利差による受取スワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。(但し、受取スワップポイントによる利益を享受できるのは、買いポジションにある通貨が上昇している時だけで、下降時には受取スワップポイント以上の多大な損失を受ける)
* 一方の貨幣価値が上がると他方の貨幣価値が下がる事から、取引の儲けは必ず他方からの損から成り立っており、株式のように為替市場全体の富が増加する事はないと考えるのが一般的である。しかし、別の考え方も十分に成り立つ。なぜなら、市場全体が投機筋による取引では決してなく、実需筋の取引も無視できないからである。すなわち、外国為替(外貨両替)を行う者全員が投機目的であれば、誰かが得をした分、別の誰かが損をする(「ゼロサム」)ことになる。しかし実際には実需筋による取引も多い。例えば、アメリカに海外旅行に行く日本人が、現地での消費に備えて日本において日本円でドルを買い、アメリカにおいてそのドルを消費した場合、これを損失ないし利得と言いうるのかは疑問なのである。すなわちゼロサム論は、「全取引者が、やがて元の自国通貨に戻そうとする」ことが前提となっているのである。もちろん、FXという投機目的の市場が、実需筋の市場とは完全に切り離されていればゼロサムなのであるが、FXの市場でも、結局は実需筋を含む外国為替市場の価格にほぼ従って取引されているので、そのようなことはない。実需者による片道取引をも、損失ないし利得と観念するのであればゼロサムだと言えるのであるが、片道取引においては損得を判断すべき基準レートがない。なお、実際は実需が全体の取引に占める割合は1,2割に過ぎないとも言われている。投機筋全体として、プラスとなることもマイナスとなることもあることは言うまでもない。
* 取扱い事業者および外務員は登録制(改正金融先物取引法:2004年12月成立、2005年7月1日施行)であるが、FX事業者の破産や詐欺行為などを事前に予防・担保する法的・財務的規制が十分でない状態であり、委託証拠金が分別管理されていない事業者の場合、預け入れ金が返還されない可能性があるなど事業者リスクを十分検討のうえ配慮する必要がある。証券会社の取り扱うFXについても、通常は分別保管の対象外や日本投資者保護基金の補償対象外となっているので確認する必要がある。なお、委託証拠金が分別管理されているという前提での話であるが、FXの場合、事業者が破綻しても顧客の資産は保護されるため、破綻時に保護対象でない外貨預金より、破綻リスクに対しては強いという見方もある。

 特徴

fx

経験豊富なFXシステム技術者

サービスを早く実現するには、優秀な人材を確保する必要があります。
アクロビジョンなら可能です。
弊社は、実績のある技術者だけを用います。また、営業担当も元技術者が対応します。
一般的に、必要なタイミングで適任な技術者を確保するのは困難です。
ですが、弊社では独自の技術者ネットワークから必要なタイミングで適任者を御提案し、お客様のビジネスを強力に支援する事が可能なのです。

 特徴

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

外国為替証拠金取引のリッチクライアントパッケ…

  • 【担当行程】要件定義、基本設計、結合テスト設計、進捗管理
    【内容】既存のWebによる外国為替証拠金取引システムの業務ロジックを利用し、UIをリッチクライアント化しパッケージとする。要件定義から基本設計、結合テスト設計と、クライアント開発要員の進捗管理、結合テスト進捗管理を実施。[FX]
    2008/10~2009/6