FXシステム開発支援|経験豊富な技術者がシステム開発を強力に支援

他のFX業者に勝つために、御社のサービスアップに繋がるエンジニアを御提案致します。

お電話でのお問い合せ

03-6661-0912

fx

FX業の競争激化

2010年、FX業者の競争はまだまだ続いています。
競争に勝ち残りそうな業者でも、まだまだ予断を許されない状況です。
過去にはFX業者数が400以上存在していたが、競争やレバレッジ規制などで既にその数は100を切るほどに淘汰が進んでいます。
FX業で勝ち残るには、どうすれば良いか?
幾つかあるでしょうが、サービスの向上は必須条件です。
「手数料無料」「低スプレッド」などのサービスが常識となったこの時期に、どこで他社との差別化を図っていくか?
また、その差別化(サービス)をいかに早く実現していくか?
シンプルではあるが難しい局面が続いています。

 キーワード:レバレッジ

"外国為替証拠金取引では、レバレッジを利用することにより、証拠金以上の外貨を取引することができる。レバレッジは、取引業者との契約によって定まる最大レバレッジと、預け入れている証拠金と実際の取引量の比率である実効レバレッジがあるのだが、両者はしばしば混同される。実効レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。最大レバレッジは、(実効レバレッジが同じであれば)高いほど後述するロスカット(LC)が起きにくくなって、取引余力が大きくなる。取引業者によっては500倍もの高レバレッジ[1]も設定可能であるが、100倍以上の実効レバレッジではロスカット(LC)されやすくリスクが高いとされる[2]。逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。
仮に実効レバレッジが100倍で取引した場合、1%の変動(1ドル=100円から1ドル=101円)が100%の変動になる。利益なら証拠金が2倍になるが損失なら証拠金全額を失う。
高い実効レバレッジであるほど、リターンが高まる分リスクが高まることを理解しなければならない。注文後はすぐにストップロス(逆指し値)を必ず使い、被害を最小限に留めることが大切である。
実際には商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)場合もある。ロスカット判断は取引時間中はほぼリアルタイムで行われているが、システム状態によっては必ずしもリアルタイムとならない場合もあるほか、週明けに大きな変動があることもあるため、特に高い実効レバレッジの損切りではロスカットルール以上の損失が発生するケースも多い。
外国為替を原資産とした場合、そもそも通貨の両替から派生しているが故に、上場の有価証券とは本来的にその性質が異なる。ここにおいて、レバレッジの概念は想定元本のみならず評価損益をどの程度の頻度で管理すべきかというきわめて高度な信用リスク管理と表裏一体であるがゆえに、この部分を行政・立法という公権力若しくは業界団体による自主ルールでの制定を行おうとする試みがあるが、一方でリスク管理手法は各金融機関によって大きく異なるというのが実状である。将来、最大レバレッジ25倍の規制が金融庁より導入される予定であるが、金融庁が投資家保護を目的として掲げているにもかかわらず、投資家の大半はレバレッジ規制導入に批判的である。

 レバレッジ

fx

経験豊富なFXシステム技術者

サービスを早く実現するには、優秀な人材を確保する必要があります。
アクロビジョンなら可能です。
弊社は、実績のある技術者だけを用います。また、営業担当も元技術者が対応します。
一般的に、必要なタイミングで適任な技術者を確保するのは困難です。
ですが、弊社では独自の技術者ネットワークから必要なタイミングで適任者を御提案し、お客様のビジネスを強力に支援する事が可能なのです。

 レバレッジ

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

外国為替証拠金取引のリッチクライアントパッケ…

  • 【担当行程】要件定義、基本設計、結合テスト設計、進捗管理
    【内容】既存のWebによる外国為替証拠金取引システムの業務ロジックを利用し、UIをリッチクライアント化しパッケージとする。要件定義から基本設計、結合テスト設計と、クライアント開発要員の進捗管理、結合テスト進捗管理を実施。[FX]
    2008/10~2009/6