電子書籍向けシステムを開発します

電子書籍向けシステムの企画・開発そしてその後の運用など 幅広く電子書籍に関わるソリューションを提供致します!

<サポート項目> iPhoneアプリ Androidアプリ iPad WindowsPhone AR GPS 電子書籍 グローバライズ
Facebookアプリ Facebookページ mixiアプリ モバゲーアプリ gree twitter Titanium Mobile Google App Engine

digitalbook

電子書籍向けシステムを使えばビジネスチャンスが格段にアップ!

電子書籍は今後必ず普及していきます。 普及スピードは読めないまでも、今後は当然のように普及して紙と共存して行く事に間違いはありません。 そして普及していく電子書籍に対して、「読む」「データを管理する」などの行為は必須です。 私達アクロビジョンは、お客様に電子書籍向けシステムを開発します。

かつてない厳しい経営環境の中で、企業は経営スピードをますます向上させていかなければなりません。
弊社では、電子書籍を活用してそうしたチャレンジを実践しようとするお客様のビジネスを強力にバックアップしてます。

 キーワード:オンライン小説

オンライン小説(オンラインしょうせつ)とは、インターネットやパソコン通信にて全文公開されている小説のこと。オンラインノベル、オンノベ、ネット小説、ネットノベル、ウェブノベル、Web小説とも呼ばれる。
インディーズ作家の作品が大半を占め、通常、無料で閲覧することができる。
日本においては、1980年代半ばから草創期のパソコン通信でアマチュア作家の作品が公開されるようになった。日本初のオンラインの連載小説と言われる作品は、神奈川県の小田原マイコンクラブが運営した草の根BBS「マイコンセンター」に連載された原田えりかの『シシャのミルユメ』と言われる。草の根BBSや大手の商用パソコン通信サービスでは小説用のコーナーが設けられることが多く、アマチュア作家や作家志望者の活躍の場となった。
NECが運営する大手のパソコン通信サービスのPC-VANでは1986年に「アマチュアライターズクラブ」という同好の士が集まるSIGと呼ばれるコーナーが設置。リレー小説やコンテスト、オンラインマガジンの試みが行なわれた。
1993年から1996年にかけては、朝日新聞社系のパソコン通信サービスのASAHIパソコンネット(現・ASAHIネット)が「パスカル短編文学新人賞」を主催。ASAHIネットは、筒井康隆や俵万智らの有名作家の参加が売り物で、文芸に強いと言われた。「パスカル短編文学新人賞」は、パソコン通信で応募して、応募作はASAHIネットで全て無料で読める体裁だった。この賞からは後に芥川賞を受賞する川上弘美が生まれている。
1994年頃のパソコン通信ニフティサーブ内の小説フォーラム・SFフォーラム(電子掲示板)がオンライン小説(オンライン文芸)の主軸となっていた。1998年前後、インターネットの普及により、オンライン文芸の主軸はパソコン通信からインターネットへと移行した[要出典]。
1990年代後半以降、パソコン通信が廃れてからは、アマチュア作家の活動の場は小説投稿サイトに移行した。また、自分のサイトを持っている場合には、小説検索サイトを利用することもある。しかし2007年現在、かつてのパソコン通信のような中心となるようなサイトがないため、オンライン小説を検索するのには一苦労する場合がある。
なお、インターネットにて有料公開されている小説は「オンライン出版」と呼び、オンライン小説とは区別される。また、携帯電話から執筆・閲覧される「ケータイ小説」と呼ばれる形態もみられる。

 オンライン小説

digitalbook

電子書籍向けシステムを開発するメリット

電子書籍の利用例

例えば、読みたい本はあるが本屋へ行く時間が無い。そんな時に手元のiPhone携帯などから読みたいを本をダウンロードして読む事が出来ます。
また趣味が読書のような方の中には、部屋が本で埋もれがちな人が居ます。そんな人のためにも部屋を占める事の無い電子書籍は有用であるかもしれません。

上記した例はごく一部です。今後は、今以上に電子書籍を利用した色々なシステムが必要になっていくのは間違いありません。

電子書籍とは

電子書籍は、紙を利用した印刷物ではなく、電子機器のディスプレイで読むことができる出版物です。電子書籍とは、ソフトウェアであるコンテンツを指す場合や、ハードウェアである再生用の端末機器(電子ブックリーダー)を指す場合もあります。

電子書籍の特徴

電子書籍の4つの画期的なメリット
(1)音声を付ける事が可能
(2)絶版による販売機会の喪失を避ける事が可能
(3)在庫という概念が無いため極めてローリスク
(4)ローリスクゆえチャレンジ的な試みが多く可能

電子書籍の端末

携帯電話やPCの他に以下の専用端末がある
(1)Kindle
(2)iPad

アプリの開発実績

アプリの開発実績

Android向け電子書籍リーダー

アプリ1
  • 読書もスマートに
  • 好きな文字の大きさに設定
  • メモ、辞書、検索、翻訳機能
  • 文章を読み上げてくれる音声機能
  • 画面下部には広告掲載も可能

Android向け電子書籍リーダー

アプリ2
  • 数十冊のマンガや雑誌を快適に携帯
  • DropBoxで簡単同期、Bluetoothで共有
  • 本棚は多彩なデザインの中から設定可能
  • 撮った写真からその場で写真集を作成
  • 画像に直接メモやスタンプして保存

開発実績、技術者

開発実績

数多くの電子書籍向けシステムの開発経験で培った技術を用いて、精度の高い確かなサービスを提供いたします。

  • 電子書籍(ebook)向けシステム開発
  • 内容:電子書籍(ebook)向けシステム開発
  • ■環境 - PHP,Linux,MySQL
  • ■期間 - 2010/3 ~ 2010/4
  • 電子書籍(ebook)+iPhoneシステム開発
  • 内容:電子書籍(ebook)+iPhoneシステム開発
  • ■環境 - iPhone,Objective-C
  • ■期間 - 2010/2 ~ 2010/4

弊社所属技術者

より高度なスキルとノウハウを駆使し、信頼性の高いシステムを効率よく構築いたします。

  • 32歳 男性(Web系システム経験5年)
  • |対応案件実績|
  • ・電子書籍向けWEBシステム開発(設計~テスト)[Linux、PHP、MySQL]
  • ・基幹系システム開発(設計~テスト)[Linux、PHP、MySQL]
  • 28歳 男性(iPhone開発経験1年)
  • |対応案件実績|
  • ・電子書籍+iPhoneシステム開発(設計~テスト)[iPhone,Objective-C]

電子書籍市場

急速に拡大する電子書籍市場

新たなプラットフォーム市場の本格的な拡大

日本の2010年度の電子書籍に関する市場規模は650億円と推計され、2009年度の574億円と比較して13.2%増加しました。さらに2015年には2000億円に達すると見込まれています。

特に、新たなプラットフォーム向け市場は24億円と推計され、スマートフォン市場の急激な拡大などを背景に2009年度の6億円から4倍の成長を見せました。 2011年度以降の日本の電子書籍市場は、新たなプラットフォーム向け市場が急速に立ち上がると見られ、2015年度には2010年度の約3.1倍の2000億円程度になると予測されます。

新たなプラットフォーム向け市場は、2011年度末までには世界最大の取扱書籍数を誇る米Amazonのkindleが日本に参入すると予測されています。これをきっかけに2~3年間に国内向けコンテンツが充実、環境も整備され、2013年度以降には本格的な拡大期に入ると予想されます。

※新たなプラットフォーム向け市場には、スマートフォン向けマーケットプレイスの電子書籍カテゴリーのアプリ、スマートフォンやタブレットPCなどのビューワーアプリ経由で購入する電子書籍、iBookstoreやkindleから購入する電子書籍などが含まれています。

iphone
kindle

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

会社概要


会社概要

会社名 株式会社アクロビジョン  (英語表記 - Acrovision Inc) 
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目35-3 池袋センタービル 8階
資本金 3,000万円
売上 2009年2月期 1億2000万円
2010年2月期 1億9000万円
2011年2月期 2億6000万円
2012年2月期 4億4600万円
2013年2月期 5億3200万円
2014年2月期 6億1740万円
2015年2月期 7億3000万円
2016年2月期 8億2000万円
※8期連続増収
スタッフ 122人 [個人事業主含む](2015年6月時点)
URL Webサイト :http://www.acrovision.jp/
連絡先 Tel:03-6661-0912 Fax:03-6661-0913
  特定労働派遣事業届出受理番号:特13-307809
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-303263

ビル
池袋センタービル

エンタランス
エントランス

 最寄り駅:JR線、各種地下鉄路線 - 池袋駅(徒歩4分)

メンバー

代表:末光正志 代表:末光正志 漫画

代表:末光正志 インタビュー
メンバー

お問い合わせ

お問合せ・資料請求はこちら:ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。お見積もりは無料で対応いたします。

お電話でのお問合せ:03-6661-0912

過去の対応案件一覧

過去の対応案件一覧

電子書籍(ebook)向けシステム開発

  • 内容:電子書籍(ebook)向けシステム開発
    ■環境 - PHP,Linux,MySQL
    ■期間 - 2010/3 ~ 2010/4

電子書籍(ebook)+iPhoneシステム開発

  • 内容:電子書籍(ebook)+iPhoneシステム開発
    ■環境 - iPhone,Objective-C
    ■期間 - 2010/2 ~ 2010/4